人気ブログランキング |

コリン・ファース夫妻、やっちまいました (Colin Firth e Livia Giuggioli)

コリン・ファース夫妻、やっちまいました (Colin Firth e Livia Giuggioli)_e0059574_18453666.jpg
【Colin FirthとLivia Giuggioli夫妻、ANSAの記者をストーキング行為で訴える】 「ある新聞記者が、Liviaのヌード写真を暴露すると脅したり、彼女にしつこくメールを送るストーキング行為を続けたりしていた」という記事が、1週間ほど前に掲載された。しかしその2日後、訴えられた当の新聞記者Marco Brancacciaが出した声明によって、驚きの事実が明るみに出る。「私はストーカーではない。彼女とは不倫関係にあった」 ふ、不倫?


コリン・ファース夫妻、やっちまいました (Colin Firth e Livia Giuggioli)_e0059574_18455464.jpg
MarcoとLiviaは幼馴染みで、ずっと良い友だちだった。しかしColinとLiviaの結婚生活がうまくいかなくなり、彼らが別居生活を始めた頃から、MarcoとLiviaの間に友情以上の感情が芽生え、間もなくそれが愛情に変わる。彼女は自分の結婚生活や仕事上の悩みを、新聞記者に打ち明けただけでなく、多数の写真やメッセージやビデオや日記なども送った。不倫関係は2015年夏から約1年続いた。関係が終わったあとMarcoがLiviaに送ったのは、2つのWhatsAppメッセージと誕生日メッセージ、そしてColinに宛てた1通のメール(不倫の暴露とLiviaのヌード画像添付)だけ。記事にあるようなストーキングや恐喝行為は、全くしていない。


コリン・ファース夫妻、やっちまいました (Colin Firth e Livia Giuggioli)_e0059574_1846734.jpg
なぜ夫妻はANSAの記者を訴えたのか?それはLiviaから夫妻の事情を知った新聞記者が、暴露記事を書くだけでなく、他のマスコミにもリークするのを恐れ、崖っぷちで踏み止まるための小賢しい苦肉の策だった。と言うが、これはないわー。3人の言い分がどこまで本当なのかは、当事者のみぞ知るところ。とは言えColinとLivia夫妻(嫁が仕組んで火消しに暴走したと思われる)の対応は、イタすぎる。その結果、こんな形で醜聞が露呈しただけでなく、今度はMarcoが名誉毀損で彼女を訴えている。Livia、因果応報だな。男女の仲も一旦冷めると、訴えたり訴えられたりの泥試合、こんなもんね。

誰もが羨む、絵に描いたような、非の打ちどころのない幸せなカップル(16歳と13歳の2人の息子がいる)。ところが水面下では、離婚の話まで持ち上がっていた。しかもColinの妻が不倫。これはマスコミが飛びつく大ネタ、大スキャンダルです。思わず私も食いついた(笑) だって泣く子も黙るColin、スキャンダルには無縁の、清廉潔白な英国紳士だったんですもの。映画界きってのオシドリ夫婦も、これだけ知名度が上がると、公私ともに大変なんでしょうけれど、何だかなァ。結局ColinとLiviaが元の鞘に収まったのは、彼らの名声や家族や財産を守るためですかね。色々と残念すぎるニュースでした。(詳細は


by amore_spacey | 2018-03-10 18:49 | My talk | Comments(4)
Commented by gabbyna at 2018-03-13 21:22
コリン・ファースは、少々お坊ちゃまみたいな感じがいつまでも抜けず、それがいい感じな英国紳士になってきていたのですが、名優になればなるほど、私生活は、厳しくなるものでしょうかね。奥さんがこういう感じになったのもまぁどちらにも何かあったわけでしょうから仕方ないですよね。痛み分けで終わりかな。
Commented by 松たけ子 at 2018-03-14 21:48 x
amoreさん、こんばんは!
おやおや!コリン・ファース夫妻、やっちまいましたね~。こんな醜聞にまみれてたなんて、驚き桃の木ですわ。
それにしても、何だかお粗末というか、みっともない顛末ですね。私ほんと分かんないんだけど、熱愛中のカップルって何でヌード写真や房事動画を撮ったりするのかしらん?恋愛が終わったら、過去恥部になるだけなのに。しかもそれがリベンジポルノとかに悪用される可能性もあるし、ヘンな思い出づくりはやめたほうがいいですよね。
とにかくコリン嫁は自業自得。巻き添えのコリンも、小細工失敗で赤っ恥。完璧な人間なんてどこにもいないんですね~…コリン夫妻の子どもたちが可哀想!こんな両親イヤだわ~。
Commented by amore_spacey at 2018-03-15 01:02
☆ gabbynaさんへ。
デビュー当時コリンはちょい世間知らずで、いいとこのお坊ちゃん風の雰囲気がありましたね。歳を重ねるにつれ丸みを帯び味のある役者になってきたのですが、公私のバランスとともに、自分のイメージも保っていくのは、あれだけ有名になると大変なことなんでしょうね。
Commented by amore_spacey at 2018-03-15 01:17
☆ 松たけ子さんへ。
長い人生、色々ありますよね。特にコリンくらい有名になってしまうと、背負うものも大きく重くなると思います。夫婦の間にも波立つことなんて、いくらでもある。コリンのキャラらしくどっしり構えていればよかったものを、(妻に入れ知恵されて?)小細工までして、それが裏目に出てしまうという大醜態。それが残念でなりません。新聞記者を2人で訴えたというからには、巻き添えをくったにしても、そこにコリンの意思が反映されているわけで、なんかホントに情けないです。コリンも普通の人間だったのかァ。

そうそう、熱愛中は後先考えませんから。ジョニデが元カノの名前をタトゥーで入れたのも、このノリ。ホント、変な思い出作りはやめたほうがいいです。SNSの影響で、VIPやセレブと呼ばれる人たちも、変な方向に走ってますよね。他人ごとながら、こっ恥ずかしい…。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ドケチ!(Radin!) Piccoli crimini... >>