嵐が丘 (Wuthering Heights) TVドラマ 全2話

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_172793.jpg
【あらすじ】 ヒースが咲き乱れる英国ヨークシャーにある、「嵐が丘」と呼ばれる丘に住む農場主Earnshaw(Kevin McNally)には、息子Hindleyと娘Cathyがいた。ある日Earnshawはジプシーのみなし子を家に連れて帰り、少年をHeathcliffと名づけて実の息子のように可愛がった。CathyとHeathcliffは兄妹のように育ち、やがて愛し合うようになる。
  しかし父の死後、Hindley(Burn Gorman)はHeathcliff(Tom Hardy)を下男として冷酷に扱いはじめた。やがてCathy(Charlotte Riley)が由緒正しいLinton家のEdgar(Andrew Lincoln)と婚約すると、Heathcliffは突如家を出て行く。そして3年後、裕福になったHeathcliffは、Earnshaw家とLinton家に復讐を果たすため、嵐が丘に戻ってきた。Emily Brontëの同名小説をドラマ化。(作品の詳細はこちら


e0059574_182116.jpg
『嵐が丘』のイタリアヴァージョンは、後半で展開していくはずの復讐劇をほどんどスルーして、Heathcliff とCathyの悲恋物語に焦点をあてた、お昼のメロドラマ(少女漫画)風なので、何度も言うように強烈な印象を残したLaurence Olivier主演(1939年)の作品に比べると、甘ったるくて物足りないったらありませんでした。


e0059574_18331.jpg
e0059574_191052.jpg
で、Heathcliffを演じるTom Hardyですが、もちろんイケメンなんだけど、フェロモンダダ漏れで、やたら生々しいんです。恰幅が良く逞しくて、どこから見てもスーパー健康優良児。それは決して悪くはないのですが、この作品には難ありお?と第1話を観ながら思ったのです。Heathcliffは翳があって病的で神経質なほっそりした男性、という勝手に抱いたイメージから言うと、Tomは規格外と申しましょうか。何か全然違うんですよね。当時のひらひらした衣装やロンゲも、コスプレ?罰ゲーム?じゃなかったら何?というくらい似合わない。チャームポイントのキュートで官能的な分厚い唇が、この作品では卑猥に見えて、それもなんだか勿体ない。


e0059574_195358.jpg
e0059574_110680.jpg
という訳で、私がイメージするHeathcliffとTomの間に大きな隔たりがあり、第1話では全くドラマの中に入っていけなかった。が、第2話はのめり込むようにして最後まで観ました。彼が演じる野生的なHeathcliff、不思議なことにこれがなかなか良かったのです。野生的だけどRussel Crowほど動物的で野蛮ではない。Tomヴァージョンの『嵐が丘』を観終わった今、この作品に流れる、愛憎・悲恋・復讐のキーワードが、野生的なTomにぴったりという気もしてくる。Tomのおかげで、Emily Brontëの小説の世界(手の届かない所)から、Heathcliffという1人の人間が私たちに近い現実の世界に出てきた、リアリティのあるHeathcliffをみせてくれたように思う。


e0059574_1101752.jpg
e0059574_1102645.jpg
脇を固めた役者たちもそれぞれ素晴らしかったが、特に家政婦Nellyを演じたSarah Lancashireの、控えめでありながらブレない、全てを優しく包み込む大地のような存在感に、いつも安心し癒された。窮地に陥っても、彼女なら何とかしてくれそう。小説の中のNellyは、もっと謎めいた女性だった気がしますが、TVドラマ版の解釈もなかなか好きです。英国貴族社会を舞台にした作品に登場する執事や家政婦は、お屋敷を取り仕切る役職柄、一家の内情や秘密に詳しいので、脇役の中でも主役的な位置にあり、目が離せません。


[PR]
by amore_spacey | 2018-04-29 01:16 | - TV series | Comments(4)
Commented by gabbyna at 2018-04-30 19:58
私の中では、ヒースクリフは、昔々のティモシーダルトンです。古いですよね。若かりし頃の彼の姿は、ホントあの荒野に似合っていたと思います。最近のヒース様は、どの俳優さんでもなんだか、ギラギラと暗さがない気がします。良く言えばさっぱりとスマートなんですよね。このイタリア版のTom様は、やっぱりラテン的な感じがしてそれもそれでいいかなと。(笑)何時か見てみたいです。
Commented by 松たけ子 at 2018-04-30 21:34 x
amoreさん、こんばんは!
そうそう!トムハはいい男だけど、ヒースクリフじゃないよな~ですよね~。ヒースクリフはもっとこう、病的に暗くて繊細な美青年じゃないと。誰が今ふさわしいかと問われても、すぐには思いつかないけれども。誰か敵役な男優、いますでしょうか?
キャシー役の女優がトムハの嫁と知って、興ざめ!公私混同に見えて。いつか英国貴族と結婚して、ダウントンアビーしたいです(^^♪
Commented by amore_spacey at 2018-05-03 01:23
☆ gabbynaさんへ。
ティモシーもヒースクリフを演じてましたね。私はずっとローレンス・オリヴィエのヒースクリフが良かったのですが、トムもなかなか良かった。イタリア版も悪くはないのですが(大好きなアレッシオが演じているし)、メリハリがなくて物足りませんでした。やっぱりラテンのオーラが出ちゃってますよね(笑)
Commented by amore_spacey at 2018-05-03 01:32
☆ 松たけ子さんへ。
トムとシャーロットは、確かこの作品が縁で付き合い始めたんですよね?撮影中の待ち時間や休憩時間は、2人だけの世界を作っていたかも。公私混同、あはははっ!トムは・・・ええ、やっぱりどう考えても、ヒースクリフのイメージではないです。でも新しいヒースクリフ像を生み出してくれました。私がキャスティング・ディレクターだったら(ここからは妄想の世界)、リチャード・アーミティッジとかトビー・スティーブンスとかベン・チャップリンに演じて欲しいなぁと思ったりします。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 環状線の猫のように (Come... イタリアの父 (Il padr... >>