イントゥ・ザ・ストーム (In to the storm)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (60点)

e0059574_0294472.jpg
【あらすじ】 アメリカ中西部シルバートンの町に、地球史上最大規模の超巨大竜巻が襲来。最悪の事態はまだこれからだと専門家たちが予測する中、気まぐれで恐ろしい巨大竜巻を前に、町の人々は為すすべもない。ほとんどの住民はシェルターに避難するが、竜巻を追って観測する研究者=ストーム・チェイサーたちは、生涯に一度の観測のためにあえて竜巻の渦に向かっていく。そんな中、二人の息子が通う高校の教頭(Richard Armitage)は、生徒や家族を守ろうと懸命の努力を続けていた。(作品の詳細はこちら


e0059574_0334837.jpg
Richard Armitageの1人祭りで観ましたが、最後まで到達できませんでした。巨大竜巻の迫力はなかなかのもので、臨場感があった。大スクリーンで観たらもっと緊迫感に包まれ、心臓バクバクだったのかもしれないが、正直言って映画館に行ってまで観るような価値はなかった。ええ、ですから、例のごとく早送りしながら観ました。コレって、ただの竜巻の話。Richardが出ているから、贔屓目にちょっぴり期待(何に期待してたんかな?私)していたんだけど、たいしたストーリーがなく、だったらいっそのこと、巨大竜巻のドキュメンタリーにすればよかったのに。


[PR]
by amore_spacey | 2018-06-13 00:33 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< A Very English ... サバイバルファミリー >>