アグレッシブ烈子 (Aggretsuko) 全10話 

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_0115043.jpg
【あらすじ】 25歳独身のレッサーパンダ・烈子は、丸の内の一流商社・キャラリーマン商事株式会社の経理部に勤務する。上司の理不尽な振る舞いや、同僚の一方的な発言に振り回されるばかりで、自分から言い返すことができない。そこからストレスがひどく溜まり、苛立ちや怒りが頂点に達した時には、カラオケでデスメタルをシャウトして発散するのだった。(作品の詳細はこちら


e0059574_012397.jpg
「これ、すごく面白かったんだけど、知ってる?」とイタリア人友人に聞かれて、「へっ?」 全く知らなかった。調べたらサンリオのキャラクター、しかもNetflixで配信されている。色々ビックリだけど、暇つぶしに1話を観てみたら、ハマってしまって、一気に全10話を鑑賞した。地味で頭の回転がゆるい烈子のキャラが、「これって私?」なくらい似ている上に、蠍座のA型ってトコまで同じで、自分の分身のように思えてなりません。

でも、キレッぷりが半端ないわァ。あんな炸裂パワーは、私にはなかった。アグレッシブに変身する瞬間、画面が真っ白。あの空白の一瞬は、頂点に上り詰めたジェットコースターが、今まさに下降しようとする前の静けさに似ていて、すっごく不気味なんだけど、怖いもの見たさに心臓が踊ってしまう。デスメタルをシャウトする烈子は、神々しく雄雄しい。♪このクソ上司!このクソ上司!おまえが嫌いだ!♪ 面と向かって、そこまで言える烈子、そんなアナタにどこまでもついて参ります。


e0059574_0122526.jpg
e0059574_0123668.png
ツボにハマるキャラクターといえば、颯爽と現れた社長秘書の鷲美さんとゴリ部長には、その場で惚れました。ゴリ部長は実はとってもキュートな乙女で(声も独特)、失恋してあれだけ号泣できるなんて、とても羨ましい。鷲美さんて、クールにさらっと痛いトコを突いてくるけれど、フォローも上手い。ここに烈子が加わって、ちょっといい雰囲気のヨガ仲間だった。「プロテイン」しか言わないヨガ教室のインストラクターは、烈子の裏の顔を知っているようだけど、一体彼は何者だったのかしら?


e0059574_0124862.jpg
烈子とフェネ子と烈子に片思いのハイ田くんも、頼もしい同期3人組だ。フェネ子が取り持ってやらなかったら、いつまでたってもハイ田は、烈子に告白できなかったよなぁ。会社員時代、私にもフェネ子のような同期がいた。間抜けな私を、A子は苦笑しながらフォローしてくれた。


e0059574_0125967.jpg
ワイルドでワンマンなトン部長、会社でゴルフのスイングなんか、やってんじゃねェーよ。最初はすこぶる嫌な奴だったけど、烈子のことをちゃんと見ているし、社員を育てようという考えがあってのことで、飴とムチの使い分け(前半はムチだけだったが)を分かっているみたい。社畜って何?なイタリア社会で、こういうアニメは生まれません。ホチキスは斜め45度!なんて言おうものなら、ゲラゲラ笑い転げて、「お前、頭おかしいよ」って返されるのがオチだ。


[PR]
by amore_spacey | 2018-06-20 00:15 | - Japanese film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ローグ・ワン/スター・ウォーズ... A Very English ... >>