パディントン2 (Paddington 2)

私のHugh様お気に入り度 ★★★★☆ (85点)

e0059574_1505687.jpg
【あらすじ】 Brown家の一員として、幸せに生活しているクマのPaddinton。もうすぐ100歳になるLucyおばさんへの誕生日プレゼントを探していた彼は、骨董品屋ですてきな絵本を見つける。絵本代を稼ごうと窓ふきのアルバイトを始めるが、洗剤を頭からかぶるなど失敗しては騒動を起こす。そんな中、絵本が盗まれ、一家と共に絵本の行方を追うが、いつしかPaddintonは濡れ衣を着せられ、刑務所へ収監されてしまう。(作品の詳細はこちら


e0059574_232694.jpg
お子様向け(または安心して鑑賞できるファミリー向け)の映画と思っていたので、前作は観ていないし、この作品も普段なら完全にスル―。ところが、「Hugh Grantがすごい」という話をうっかり耳にしたばっかりに、彼を観たいスイッチが入ってしまったのです。

Hugh扮するPhoenix Buchananは、過去の栄光にすがって生きる落ち目の俳優という役どころで、Hughお得意の自虐的なネタが満載。様々な役を演じながら、Paddintonたちを罠に陥れていく悪役なんだけど、お次は一体どんな被り物で登場?と、彼が出てくるたびにワクワク。本人もノリノリで、楽しんでいるのが分かる。心底悪いヤツになり切れず、そのせいか?いつも詰めが甘くて、計画は失敗に終わる、ちょっと間抜けな悪人。コミカルな悪人ですかね。笑いをとることに優れたHughならではの、面白味がありました。

最大のサプライズは、ラストのミュージカルでした。歌って踊れるHughに、文字通り、エエーッ?ってな感じで驚きを隠せなかった。リズミカル且つしなやかな動きで、歌も踊りもうまい。若さや過去の栄光にいつまでもしがみつかず、自分の持ち味を生かしつつ、上手に脱皮して新境地を開いている。生き生きと楽しく歌って踊るHughを観ていたら、幸せな気持ちに満たされました。彼はシニカルだけど可愛げがあって、さりげなく人の心を掴んで離さない。


e0059574_235728.jpg
e0059574_241850.jpg
と、Hughを熱く語ってしまいましたが、この作品の主人公はクマのPaddinton。ドジだけど善意の塊で、彼が行く先々で物事が丸くおさまるという、不思議な現象が起きる。Paddintonの無実を晴らそうと奔走するBrown家の様子が、突っ込み所満載で愉快。『ダウントン・アビー』のGrantham伯爵が、就寝前の顔マッサージとか、真っ青なフェイスパックとか、2つの列車に挟まれて180度足の開脚とか、とても庶民的でコミカルなおじさんもピッタリだ。


e0059574_243452.jpg
e0059574_245169.jpg
余談ですが、Curry 氏を演じるPeter Capaldiを見た瞬間、「えっ?前フェラーリ会長Luca Montezemoloが、カメオ出演?」なんてあり得ないが、それにしても、よく似ている。


[PR]
by amore_spacey | 2018-07-15 02:06 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< マンチェスター・バイ・ザ・シー... やさしい嘘 (Depuis q... >>