人気ブログランキング |

フォー・ウェディング (Four Weddings and a Funeral)

ネタばれあり!
e0059574_1405190.jpg
【あらすじ】 32歳のCharles(Hugh Grant)は、独身貴族の暮らしにもうんざりだが、なかなか相手を見つけることが出来ない。変わり者の友人達が続々と片づいていくのを、多少の焦りを感じつつ眺めていた。
  今日も花婿付き添い人の務めがあるのに寝坊して、妹分の同居人Scarlett(Charlotte Coleman)に叩き起こされ式場にかけ込む。そこで同じ遅刻組のアメリカ女性Carrie(Andie MacDowell)と鉢合わせ。美しく聡明な彼女にゾッコンの彼は、式の間中うわのそら。やがて強引なアタックが功を奏しベッドインまで持ち込んだが、婚約をほのめかす台詞を冗談と受け取った彼に、彼女は冷然と微笑んで立ち去る。それから彼女は富豪と婚約し、結婚式のたびに顔を会わせる二人の関係は、なんともこじれたものに…。(作品の詳細はこちら)  


e0059574_1285263.jpg
e0059574_1292831.jpg
Hughを初めて観た作品で、ウィットあるイケメンのダメっぷりが強烈に印象に残っています。お人好しな顔立ちのお陰か?どこか隙があるからなのか?彼なら何をやっても(やらなくても)許されそうな気がしますが、そこがたまらない魅力でもあるんです。たとえイケズな上司になっても、とことんまで憎みきれない。この作品では優柔不断で煮え切らない男、それどころか、結婚式真っ最中のドタキャンって、ほぼ犯罪に近いようなコトをやらかしているのに、「それは、ないわぁ」と突っ込みつつ、Hughならしょうがないかぁと苦笑してしまう。

e0059574_1353915.jpg
e0059574_1355094.jpg
ラストシーンのCarrieには、「今さら、このタイミングで?」「どのツラ下げて、ノコノコ出てくる?」と怒りの突っ込みてんこ盛りなのに、Hughには、「それ(求婚の台詞)を、最初に言えよ」「元カノだらけのテーブルで失言するし、色々とタイミングや間が悪いし、煮え切らないし、お前って最低の男!」とは思ったけれど、まぁ仕方がないかと彼には甘い。Love In The Rain(←音が出ます)にのせたラストシーンは、余韻を残す粋な風景でした。主役はもとより、彼の友人や元カノとして登場する脇役が、曲者そろいで強烈。だけど愛すべき人々に囲まれ、友情やユーモアにあふれて、心地良い雰囲気に包まれていました。

e0059574_1351272.jpg
日本語タイトルではFuneralをスルーしていますが、原題はFour Weddings and a Funeralで、何度も観るうちに実は地味ながら葬式の章が、かなり重要な意味を持っているのではないかと。『Croce e delizia』で書いたように、イタリアでは同性結婚が法的に認められていませんが、イギリスでは2014年3月13日から、同性婚法案が施行されました。この作品が公開された1994年当時はまだ法案すらなく、ある種の社会的な権利や、法的な保障・保護(と同時に発生する婚姻に付随する権利と義務のすべて)がなかった。そういったことも含めて、社会的に弱い立場にあった同性愛の姿を描いている。年長の恋人に先立たれた青年Matthew(John Hannah)が、葬式の弔辞で堂々と二人の愛を語る。このシーンは素晴らしかった。John Hannah、素敵。

e0059574_1361278.jpg
e0059574_136254.jpg
妹分の同居人Scarlettを演じたCharlotte Colemanが、2001年に33歳の若さで亡くなっている。因みにHughを見るたびに、「誰かに似ている」とずっと思いながら、誰なのか思い出せず苦しんでいましたが、先日やっと解決しました。ひょっこりひょたん島に出ていた、マシンガン・ダンディだ。


by amore_spacey | 2019-11-02 01:50 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 7番房の奇跡 (7-beon-... Croce e delizia >>