人気ブログランキング |

ダリダ ~あまい囁き~ (Dalida) 

e0059574_2356256.jpg
【あらすじ】 Dalida(Sveva Alviti)は、1933年にカイロでイタリア移民の家系に生まれた。ミス・エジプトに輝いたのち、56年に歌手としてデビュー。それからわずか2ヶ月でGold Diskを受賞し、一躍スターダムに上り詰めた。Alain Delonとのデュエット『あまい囁き』(←音が出ます)や『18歳の彼』など、世界的なヒット曲を生み出したDalidaは、女優としても活躍する。
  輝かしい成功を手にして幸福に包まれていたはずだが、私生活では恋愛に翻弄され、87年5月パリで54年の生涯を自ら閉じた。(作品の詳細はこちら


e0059574_23561332.jpg
e0059574_23562680.jpg
e0059574_23564027.jpg
e0059574_2356579.jpg
この映画を観てビックリです。子どもの頃から聞いていた馴染みの曲が、こんなにたくさんあるのに、それがDalidaの歌だったなんて知らなかった。彼女の数奇な人生も、初めて知りました。『ゴッドファーザー 愛のテーマ』を、彼女が歌っていたなんて…。

こちらを読むと、Dalidaは54年の人生の中で8人の男性と出会っていますが、Luigi Tenco(Alessandro Borghi)をはじめ、似た者同士のような繊細で傷つきやすい人が多く、彼女の深い孤独や危ういメンタルを支えられる器を、持ち合わせていなかったし、Dalidaも自分のことで精一杯だったような気がします。それだけにマネージャーとして彼女を陰で支えた弟Orlando(Riccardo Scamarcio)や、プロデューサーEddie Barclay(Vincent Perez)の存在は、とても大きかったと思います。

e0059574_23571390.jpg
e0059574_23572582.jpg
e0059574_23573642.jpg
e0059574_23574882.jpg
e0059574_23581399.jpg
e0059574_23582848.jpg
惚れっぽくて、傷つきやすい歌姫。空前の大スターでありながら、私生活は苦悩や痛々しいことばかり。結婚して子どもを生み育てるという、ささやかな夢を手に入れることが出来なかった。部屋のテレビから流れる喜劇役者Louis de Funèsのギャグにつられて、思わずDalidaが声を立てて笑っているシーンの、華やかな人生の裏にある彼女の素顔から、満たされない孤独感がヒシヒシと伝わってきました。


by amore_spacey | 2019-11-04 00:05 | - Other film | Comments(2)
Commented by petapeta_adeliae at 2019-11-04 11:16
え゛〜ダリダはイタリア移民でミスエジプトだったの!?!?
'72年ぐらいに2枚組のアランドロン主演映画集をもっていました。
その中に甘い囁きが入ってて、一番のお気に入り。
ドロンの声にまで魅了されたおませな小学生でした。

この映画GWに上映されていたのですね。ガッカリ
今のテレビwoooは録画内蔵なので、レンタル借りても
見られないのです。そろそろ10年なのでDVDも観れるのを
選んで真っ先に借ります。_φ( ̄ー ̄ )メモ

Commented by amore_spacey at 2019-11-07 01:46
☆ ソーニャさんへ。
作品に流れる歌は、たぶん親がよく聞いていたらしく、私の記憶にも残っていますが、ダリダについては全く知らず、ここで彼女について初めて知りました。恋多き女だったんですね。アラン・ドロンの声も素敵で、萌えてしまいました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Dear フランキー (Dea... 7番房の奇跡 (7-beon-... >>