人気ブログランキング |

アラン・ドロンのゾロ (Zorro)

アラン・ドロンのゾロ (Zorro)_e0059574_1155948.jpg
【あらすじ】 剣の達人Diego(Alain Delon)は宿屋で、旧友Miguel(Marino Masé)と再会するが、その夜この旧友は、Huerta大佐(Stanley Baker)の刺客に暗殺された。DiegoはMiguelを手厚く弔い、復讐を誓ってニュー・アラゴンの町へ向かう。そこではHuerta大佐が軍隊を率いて、圧政と横暴の限りをつくしていた。新総督MiguelになりすましたDiegoは、敵をあざむくため臆病者を演じながら、情報収集のためお忍びで町に出かけた。
  ある時黒人の少年から英雄Zorroの伝説を聞いたDiegoは、圧制に苦しむ人々の前に黒騎士Zorroとして現れ、たちまち民衆の英雄となっていった。Zorroの存在を疎ましく思うHuerta大佐は、貴族の娘Ortensia(Ottavia Piccolo)を利用して、Zorroをおびき出そうとするが…。(作品の詳細はこちら

アラン・ドロンのゾロ (Zorro)_e0059574_1161517.jpg
普段は軟弱な青年貴族が実は正義のヒーローというお決まりの設定ながら、気持がスカッと爽やかになる勧善懲悪の娯楽作品です。オープニングのコミカルな音楽からすでにB級感満載ですが、バカバカしいと思いつつ(Alain Delonファンなら尚更)最後まで楽しめます。

アラン・ドロンのゾロ (Zorro)_e0059574_1164324.jpg
アラン・ドロンのゾロ (Zorro)_e0059574_1165656.jpg
これを観るまでは、寡黙でストイックなAlainしか知らなかったので、バカ殿役とゾロ役の二役を器用にこなす彼に、正直なところ驚いた。レースひらひらの服に巻き毛くるんくるんのヅラで、女性のようなシナを作ったり、かと思えば椅子から立ち上がった瞬間、つまづいて前にバッタリ倒れたり、分かり易いボケをかましてくれる。

アラン・ドロンのゾロ (Zorro)_e0059574_1171737.jpg
アラン・ドロンのゾロ (Zorro)_e0059574_117275.jpg
彼の魅力が炸裂するシーンもたくさんあります。悪党を退治したあと甘い微笑みを残し、馬を駆って何処へともなく走り去って行くラストシーンには、心をまるごと持っていかれました。ハンサム(ああ、これ、死語)なAlainが演じると、すべてカッコよすぎる。

アラン・ドロンのゾロ (Zorro)_e0059574_1174174.jpg
この映画をまた観ようと思ったのは、Kim Rossi StuartのパパGiacomoの名前を、キャストの中に見つけたからなんです。若干老け顔(当時50歳)?ですが、なかなかの美形で、表情や仕草はKimそっくり。Kimは神経質でクールなイケメン、パパにはコミカルな雰囲気が漂う。本作品ではドイツ大尉Merkelの役で、Miguelの未亡人Carmen(Adriana Asti)との愛情劇を、面白おかしく見せてくれました。

アラン・ドロンのゾロ (Zorro)_e0059574_1175199.jpg
未亡人を演じたAdriana Astiは、今でこそイタリア映画界の大御所ですが、若い頃はエキセントリックな役が多く、彼女の役柄やメイクにビックリするやら笑っちゃうやら。因みにフレンチ・フィルム・ノワールで、男の美学を完成させたAlanが、この映画に出ようと決めたのは、愛息Anthony(当時10歳)にせがまれたから、、、子煩悩なパパです。(↑撮影休憩中のAlainとAnthony)


by amore_spacey | 2020-05-16 01:20 | Alain Delon | Comments(4)
Commented by kotoritatinosu at 2020-05-16 14:51
こんにちは!amore_spacey さん♪

おっと出ましたね、アラン・ドロン♬

この作品、テレビをつけたら何度も観かけておりました。
(BSで数回やってるのを見ました。)
なので、全編通してではなく継ぎはぎみたいにちょこちょこ見ただけなんですけどね。
黒いマントさえなければ、もっと機敏に動けるのにな~・・
って思いながら観てました。
どう見たって、邪魔そうでした。笑笑

でも、こんな作品にも挑戦しているドロンはやっぱり素敵!
ファンにとては一粒で何度もおいしい俳優ですね。

そうか!!アンソニーにせがまれてこの作品の出演を?!!
優しいパパ!!!



Commented by petapeta_adeliae at 2020-05-17 15:45
今年になってから?アランドロン特集に中にゾロがありました。
以前に見たのは40年ぐらいかも?
三枚目のドロンもいいものです。
4枚目にもあるネットを被った姿がチャップリンみたいで
吹き出しそうになりました。
同じ映画を何十年か経って見ると以前に見た時と違う気持ちに
なって、つくづく年を取ったんだと思います。^^;

Commented by amore_spacey at 2020-05-20 01:04
☆ フキンさんへ。
このマント、何気に長すぎますよね。それでも素材が良かったのか?アラン・ドロンのうごきは軽やかで涼しげでした。何度も放映されるのは、安定した視聴率が取れるからでしょうね。

息子にせがまれたのもありますが、ヒーロー物やチャンバラ劇って、男優なら1度はやってみたいんじゃないかしら?
Commented by amore_spacey at 2020-05-20 01:09
☆ ソーニャさんへ。
渋い印象が強いのですが、さがしてみると結構三枚目を演じていて、髪型とかメガネとか衣装にも、コミカルな雰囲気満載の作品があったりしますし。そうそう、作品から受ける印象は、観た年齢によって随分変わって来ますね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ゴースト・ワールド (Ghos... リトル・フォレスト 夏・秋  ... >>