2018年 02月 15日 ( 1 )

キングスマン: ゴールデン・サークル (Kingsman: The Golden Circle)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (77点)

ネタばれあり!

e0059574_038568.jpg
【あらすじ】 謎の組織Golden Circleによって、ロンドンにある高級スーツ店を隠れ蓑(みの)にしたスパイ組織Kingsmanの根城が破壊されてしまう。残ったのは、以前Harry Hart(Colin Firth)にスカウトされて腕を磨いたEggsy(Taron Egerton)と、教官でありメカ担当のMerlin(Mark Strong)だけだった。二人は敵を追い、同盟組織のStatesmanの協力を求めてアメリカへ渡る。(作品の詳細はこちら


e0059574_0391122.jpg
e0059574_0392268.jpg
e0059574_0401274.jpg
機内上映第2弾。1作目に負けず劣らずアップテンポ&ハイテンションで、突っ込みを入れるヒマがなかった(笑) 辻褄の合わないところは多々あるが、娯楽映画なんだからトコトン楽しんでしまいましょう。キャストが前回以上に豪華だったが、居ても居なくても?な方々もいたかな。ま、細かいところに拘らず、さらっと観るのが良い。


e0059574_0393728.jpg
まずはEggsyの成長ぶりに驚いた。ひ弱で、こう言っちゃなんだけど、カリスマ性に乏しく、惹かれるものもなく、Colin Firthとコンビを組むなんて、100年早い!格が違い過ぎると思ったが、今回は鍛えられた肉体(スーツがピッチピチ)の上、役柄に馴染んだせいか?ブレることなく、敵陣に突っき進んで行った。ベテランが揃う脇役陣から、学ぶことが多かったのでしょう。


e0059574_0395726.jpg
e0059574_0402632.jpg
死んだはずのHarryの復活には、無理矢理感が拭えないが、それでもやはり嬉しい。記憶がなくなって、どうかすると蝶が舞う幻覚症状に悩まされても、Colinがいなくちゃダメ。ビシッと決めた英国紳士な彼も素敵、でも着古したジャージ姿の腑抜けたColinもなかなかいいじゃないですか。悪役や意地悪な役をやらせると、Julianne Mooreは生き生きしてきて(誰でもそうかな)、こんな彼女なら受け入れられる。


e0059574_0404949.jpg
e0059574_041418.jpg
しかし、まぁ、Elton Johnには、誰もが仰天したんじゃないでしょうか?最初に登場した時にはそっくりさんかと思い、それが本人だと分かってからも、チョイ役に過ぎないんじゃないかと。いやいや、チョイ役どころか、出ずっぱり?あの破壊力には恐れ入りました。仮にもSirの称号を持つEltonが、あそこまでノリノリに弾けてくれるなんて、紅白の小林幸子も真っ青ね。コンサートとは違うノリで、彼もさぞや楽しかったことでしょう。あの終わり方は、続編ありってことですよね。楽しみです。


[PR]
by amore_spacey | 2018-02-15 00:42 | - Other film | Comments(2)