タグ:三浦友和 ( 4 ) タグの人気記事

アウトレイジ ビヨンド

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_0134460.jpg
【あらすじ】 熾烈な下克上抗争から5年。先代亡きあと加藤(三浦友和)が会長となり、関東の頂点を極めた暴力団「山王会」は、ついに政治の世界にまで手を伸ばし始めた。だが巨大ヤクザ組織の壊滅を企てる警察組織は、山王会の過剰な勢力拡大に業を煮やし、関西の雄である「花菱会」に目を付ける。表向きは友好関係を保っている東西の巨大暴力団の対立を目論み、刑事の片岡(小日向文世)は裏で策略を仕掛けていく。そんな中、獄中で死んだと思われていた元山王会配下大友組の組長・大友(ビートたけし)が出所する。


e0059574_0135725.jpg
高橋克典が出てるからというだけで、『アウトレイジ』をとばして続編を観た。人間関係や利害関係が複雑に絡み合っているんだけど、私の目的はカッちゃんだけだから、彼以外のことはどーでもいい。どいつもこいつも悪党のろくでなし。殺されるのは自業自得だ。昔の任侠モノは、やくざとはいえ、「主人公は善、敵は悪」という役割分担が明確だったから、私たちは主人公の男気や義理人情に熱くなり、よかったよかったと胸を撫で下ろしたもんだ。

でも、あのラストにはスカッとしました。やっぱり一番悪いのは、あいつでしょ。さて話をもとに戻して、カッちゃん。いやぁ、カッコよかった。セリフなしで、ただ撃つだけのヒットマン!彼のソフト・ヴォイスも聞きたかったけれど、あんな濃い脇役も素敵~♪


e0059574_0141517.jpg
そうそう、松重豊が登場するたびに、ゴローがダブって参った。「あ、お腹がすいた」って、いきなり仕事を投げ出して、食べに行っちゃったりしないか、ちょっぴりハラハラしてたんだー(笑)。


e0059574_0142990.jpg
加瀬亮が、キィキィとヒステリックに切れまくり。ったく、うるさいヤツだったね。実力のないヤツほど吠えるのは、本当だ。バッティングセンターの彼には、笑った(≧∇≦) 

製作国:Japan
初公開年:2012年
監督:北野武
キャスト:北野武, 西田敏行, 三浦友和, 加瀬亮, 中野英雄, 松重豊, 小日向文世, 高橋克典, 桐谷健太, 新井浩文, 塩見三省, 中尾彬, 神山繁, 田中哲司, 名高達男, 光石研 ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-06-28 00:15 | - Japanese film | Comments(0)

Always 三丁目の夕日'64

私のお気に入り度 ★★★☆☆(68点)

e0059574_23583672.jpg
【あらすじ】 昭和39年。三丁目の住民たちは皆、オリンピック開催を楽しみにしていた。鈴木オートの社長・則文(堤真一)も大きなカラーテレビを買い、近所の人を集めて得意顔だ。長男・一平(小清水一揮)のエレキギターには頭が痛いが、従業員の六子(堀北真希)は仕事の腕をめきめきと上げ、一家は順風満帆に見えた。そんな時、六子に思いを寄せる男性が現れた。六子が火傷で治療を受けた病院の医師・菊池だ。しかし菊池には悪い噂があった…。


e0059574_23584974.jpg
いつも孤独で気だるそうな雰囲気を漂わせている堤さんが、Alwaysシリーズでは別人のような弾けっぷりっ☆ 「本当のオレは、そうじゃねぇんだぁ!!!」なオーラを全身から放って、昭和のおとっつぁん・鈴木則文を熱く演じてくれる。こんな元気な堤さんに会えて、嬉しい(*^^*) 喧嘩っ早くて、言葉より先に鉄拳が出る瞬間湯沸かし器。後先考えずに、玄関先の路地に飛び出ちゃう。髪の毛逆立てて、両目を見開いて吠えまくる。オレ様な堤さんって、若い頃の父そっくり、クスッ。


e0059574_004436.jpg
ところで、吉岡秀隆が苦手です。髪型、まなざし、メガネ、仕草、声、口調、彼の立ち居振る舞い…全てがもうダメダメ。生理的に受け付けない。鳥肌が立っちゃう。今回彼の登場回数や登場時間がやけに長かったような気がするんです。もっと堤さんを出して欲しかったな。

製作国:Japan
公開年:2012年
監督:山崎貴
キャスト:堤真一, 薬師丸ひろ子, 吉岡秀隆, 小雪, 堀北真希, 三浦友和, もたいまさこ ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-08-13 00:00 | - Japanese film | Comments(2)

茶の味

ネタばれあり。 

私のお気に入り度 ★★★★☆(84点)

e0059574_20421180.jpg
山間いの小さな町に住む春野家の人々は、それぞれモヤモヤとした小さな何かを心に抱えている。長男の一(佐藤貴広)は、片思いの女の子が転校してしまったショックに打ちひしがれていた。小学校に入学したばかりの妹春野幸子(坂野真弥)の悩みは、ときどき巨大な自分の分身が勝手に出現し、家の庭先や学校の校庭で、自分のことをじっと見下ろしていることだった。「一体いつになったら、あの大きな自分が目の前から消えてくれるのだろう。」 子育てが一段落した母の美子(手塚理美)は、再開したアニメータの仕事に没頭し、他のことは上の空。引退したアニメーターであり春野家の祖父アキラおじい(我修院達也)の指導のもと、日夜アニメ『スーパーBIG』のキャラクターポーズ研究に余念がない。催眠治療士である父のノブオ(三浦友和)は、アキラおじいと美子が自分に分からない世界で仲良くしているのが面白くなく、夫婦間に微妙なミゾを感じている。それぞれの小さな葛藤が穏やかに収束していく中で、家族をやさしく見守っていたのは、アキラおじいであった。葬式が終わり、おじいの居た離れの間で家族が発見したものは…。



e0059574_20424962.jpg
ちょっぴり現実を離れながらも、ほのぼのとした雰囲気が最後まで漂い、気持ちが潤う作品でした。キャラクターポーズ研究に没頭する、美子とアキラおじいもいいし、突然にゅぅっと出現する巨大な幸子もいいわぁ(^^) おじいが家族4人の夫々に残してくれた画集に込められた眼差しがとても温かくほっこりするのです。

製作国:Japan
初公開年:2003年
監督:和泉聖治
キャスト:坂野真弥, 佐藤貴広, 浅野忠信, 中嶋朋子, 手塚里美, 三浦友和, 田中要次, 寺島進 ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-12-29 20:44 | - Japanese film | Comments(0)

転々

私のお気に入り度 ★★★★☆(84点)

e0059574_0434342.jpg
大学8年生の竹村文哉(オダジョー)。借金を抱えて返済の当ても無い彼に、借金取りの福原(三浦友和)が、「借金をチャラにする代わりに自分の東京散歩に付き合え。」と持ち掛ける。更にその報酬として100万円をやると言われ、胡散臭さを感じながらも福原の提案を受け入れ、2人の散歩が始まる。



e0059574_0445635.jpg
『時効警察』シリーズや『図鑑に載ってない虫』の三木聡監督が、藤田宜永の同名小説をもとに、冴えない男2人の悲喜こもごもなヘンテコ東京散歩を、しみじみとしたタッチで描いた人情コメディ。



e0059574_0452270.jpg
のっけから登場の三浦友和の風貌にギョッ★ いいお父さんや良き上司という、従来の彼のイメージを覆す役柄だったけれど、内に秘めた優しさや弱さを表すには、適役だったでしょう。オダジョーもいいねぇ。彼、いつも地毛なの?それともヅラ??クスっと笑えるコネタが盛り込まれ、何度見てもしみじみよいデス。

製作国:Japan
初公開年:2007年
監督:三木聡
キャスト:オダギリジョー, 三浦友和, 小泉今日子, 吉高由里子, 岩松了, ふせえり, 松重豊, 麻生久美子, 石原良純, 岸辺一徳 ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-06-30 00:46 | - Japanese film | Comments(4)