タグ:Christoph Waltz ( 10 ) タグの人気記事

ダウンサイズ (Downsizing)

ネタバレあり!

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (68点)

e0059574_101716.jpg
【あらすじ】 人間のサイズを13センチにする技術が発明され、人口増加や経済格差や住宅などの問題解決に挑む、人類の縮小計画がスタートする。妻のAudrey(Kristen Wiig)と共にその技術を目の当たりにしたPaul(Matt Damon)は、体を小さくすることで生活に関わるコストも縮小できることから、現在の資産でも富豪になれると知って興奮し、縮小化を決意する。晴れて13センチになったPaulだが…。(作品の詳細はこちら


e0059574_102891.jpg
機内上映その2。小さくなった人間がもとのサイズの環境で暮らす中で、Mattが面白いことをやらかしてくれる、軽いタッチのコメディかな?と、『不思議の国のアリス』的なストーリーが頭に浮び、妙な期待まで抱いてしまったのがよくなかった。


e0059574_104489.jpg
e0059574_105881.jpg
e0059574_11994.jpg
従来のサイズの社会に小さくなった人を登場させた前半の映像は、まぁ普通に楽しめた。が、そこからはダウンサイズでなくても良かったんじゃないか?という展開に。Dusan Mirkovic(Christoph Waltz)の存在の意味も分からなかったが、彼が居てくれたので本筋とは無関係に、しゃくれアゴの捻くれたような表情を楽ませてもらいました。


e0059574_115076.jpg
地球の環境問題という超マジでハードルの高いテーマと、おとぎ話的な要素の強いダウンサイズ。この2つが最後の最後まで全く噛み合わず、何もかもが中途半端だったから、観終わったあとも、何だかなぁでした。脚本に問題ありでしょうか。


[PR]
by amore_spacey | 2018-09-14 01:01 | - Other film | Comments(2)

第75回ヴェネチア国際映画祭で (75ª Festival di Venezia) 

第75回ヴェネチア国際映画祭が、9月8日に閉幕しました。コンペ部門の主な受賞は以下の通りです。

e0059574_1123394.jpg
金獅子賞 Roma (by Alfonso Cuaron↑↑) メキシコ
審査員大賞 The Favourite (by Yorgos Lanthimos)
男優賞 Willem Dafoe (At Eternity’s Gate)
女優賞 Olivia Colman (The Favourite by Yorgos Lanthimos)
監督賞 Jacques Audiard (The Sisters Brothers)
脚本賞 Joel ed Ethan Coen (The Ballad of Buster Scruggs)
審査員特別賞 The Nightingale (by Jennifer Kent監督)
マルチェロ・マストロヤンニ賞 Baykali Ganambarr (The Nightingale by Jennifer Kent)
栄誉金獅子賞 Vanessa Redgrave


e0059574_151290.jpg
昨年ヴェネツィア映画祭史上初めてパドリーノに抜擢されたAlessandro Borghiは、


e0059574_152312.jpg
Sulla mia pelleで共演したJasmine Trincaと一緒に登場しました。2人は『フォルトゥナータ』で既に共演。


e0059574_172388.jpg
審査員の1人Christoph Waltzが、満面の笑顔で手を振ってます。


e0059574_173533.jpg
A Star Is Bornで女優デビューしたLady GagaをエスコートするBradley Coopere。

Henry王子とMeghan Markle妃のロイヤルウェディングで、妃の晩餐会のドレスをデザインしたStella McCartney。この影響を受けたのでしょうか?Stellaのドレスを着て、レッドカーペットに姿を現した女優たちが多かったように思いました。

 
[PR]
by amore_spacey | 2018-09-12 01:13 | My talk | Comments(0)

007 Spectre (007 スペクター)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (79点)

e0059574_4341942.jpg
【あらすじ】 James Bond(Daniel Craig)は、少年時代を過ごした生家Skyfallで焼け残った写真を受け取る。その写真の謎を解き明かすため、M(Ralph Fiennes)が止めるのを振り切って、単身メキシコ~ローマに赴いた。滞在先で犯罪者の未亡人Lucia Sciarra(Monica Bellucci)と出会ったBondは、悪の組織Spectreの存在を突き止める。その頃ロンドンでは、国家安全保障局の新しいトップC(Andrew Scott)がBondの行動に疑問を抱き、M率いるMI6の存在意義を問い始めていた。(作品の詳細はこちら


e0059574_4343124.jpg
一応あらすじはあるが、過去の作品を回帰しながら、4人の脚本家が担当したせいか、散漫な印象を受けた。派手なアクションの割に、中身はかなり薄かったかもしれない。でも、やはり、007シリーズは面白い。ロケーション(ローマの夜景は素晴らしい!)・アクション・カーチェイス、どれをとってもカッコいいのだ。特にメキシコシティで撮影された、オープニングの群集シーンからド派手な空中アクションに至る展開は、息をもつかせずスリル満点!最高のエンターテインメントだった。


e0059574_4541285.jpg
e0059574_4542849.jpg
ちょっとくたびれた地味なサラリーマン風のRalph Fiennesって、いいんだわぁ。マッチョでカッコいいDaniel Craigより、ある意味好感が持てる。いえ、Danielだってすごくいい。そしてChristoph Waltz、アンタくらい憎たらしい悪役はいない。涼しい顔して、やることは最低最悪だぜェ。喋り方から仕草まで、全てが憎ったらしい。チャームポイントは、右の口角が上がった口元ですかね。


e0059574_56865.jpg
e0059574_561890.jpg
そしてMI6のマスコットQ(Ben Wishaw)は、相変わらず可愛い^^ 一見コミュ障気味で危なっかしいんだけど、頭脳明晰でやることが正確で早い!職場にこんな子がいたら、弄りたくなっちゃう、ウフフッ。Andrew Scott扮するCは、登場した瞬間から怪しい光を放っていたから、先が読めてしまった。


e0059574_5154071.jpg
こちらのポスターは、Danielがどこかのウェイター? 目ぢからもない。私は一番上が好き。Danielのブルーの瞳が、際立って美しい。


[PR]
by amore_spacey | 2015-11-08 05:19 | - Other film | Comments(4)

The Three Musketeers (三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船)

おバカ度 ★★★★☆ (90点)

e0059574_455442.jpg
【あらすじ】 17世紀のフランス。パリにやってきた無鉄砲な青年D'Artagnan(Logan Lerman)は、成り行きで三銃士の仲間となり、Anne(Juno Temple)王妃の首飾りを取り戻すためイギリスへ向かった。しかしそんな彼らを、Buckingham公爵(Orlando Bloom)と正体不明の美女Milady de Winter(Milla Jovovich)が阻もうとするのだった。


e0059574_4555345.jpg
明けましておめでとうございます。今年も自分のことは棚に上げて、言いたい放題なレビューを書いていけたらいいなと思っております(ё_ё;) どうぞよろしくお願いします。

ということで、景気よく新年を迎えたい方にはもってこいの?おバカ映画を1本。バカバカしいと分かっちゃいるんだけど、役者たちみーんなが楽しんでいる。これぞまさに、娯楽映画の真髄でしょう。『三銃士』は何度もドラマ化・映画化されているが、これだけゴージャスでハチャメチャなヴァージョンはない。理屈抜きで観たいですね。

怪傑ゾロのような眼帯がチャームポイントのRochefort隊長。真面目なのか不真面目なのか不明瞭だけど、胡散臭いRichelieu枢機卿の腹心なので、悪の臭いがほのかに漂っていたかも。ま、そんなことはどっちでもいい。Mads、カッコいい!!!


e0059574_456127.jpg
腹に一物を抱えたRichelieu枢機卿は、Christoph Waltzの十八番芸。後半で見せた、身軽で見事な剣さばきにはビックリ。


e0059574_4563759.jpg
うーむ、誰だっけ?と思いつつ、最後まで思い出せなかったTil Schweiger。洗いざらしのTシャツも似合うが、甲冑や軍服のような制服もバシッと決まるね。


e0059574_4565215.jpg
Orlando Bloomくん、その頭は一体...(爆)?毎度のことながらMilla Jovovichは、ファッション・モデル(あ、もう引退したのかしら?)とは思えない3枚目の弾けっぷり☆ 豪華で美しいドレスに身を包みながら、派手なアクションもクールにこなして、カッコいいダーク・レディなのだわぁ。

防犯用のレーザービームが登場したり、『天空の城ラピュタ』のような空飛ぶ帆船が飛び交ったり、時代考証を全く無視した突拍子もない演出のてんこ盛りで、主役の(この作品、誰が主役なの?)D'Artagnanも三銃士も、あまり印象に残っていない。ルイ13世のバカっぽさ、あれは強烈でたまらんね、わははっ。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2015-01-03 05:00 | - Other film | Comments(2)

Ameowadeus (Amadeusのパロディ)

私の爆笑度 ★★★★★(100点)

e0059574_2172569.jpg
【あらすじ】 音楽への愛や敬虔な信仰心に満ちていたハムスターSalieri(Christoph Waltz)は、オーストリア皇帝に仕える作曲家として人々から尊敬されていた。しかし彗星のごとく現れた天才ピアニストネコAmeowadeus(Kevin Spacey)によって、彼の存在が薄れつつあった。Ameowadeusの恵まれた才能や環境に激しい嫉妬を覚えたSalieriは、Ameowadeusを毒殺する。


e0059574_2174052.jpg
Ameowadeus(音が出ます!)は、Amadeus(1984年)のパロディ版。You tubeに投稿されたアニマル動画の中で、再生回数が際立って多いハムスターシマリスを、Amadeusの登場人物に置き換えて製作された。Kevinっ・・・(≧∀≦ )ブハハーーーッ!!  


e0059574_2175448.jpg
Christoph Waltz・・・(⌒▽⌒)ギャハハッ!!

みんな、病気だぁぁぁぁぁーーーー!

製作国:USA(ABC)
初公開年:2014年
監督:Jimmy Kimmel??
キャスト:Kevin Spacey, Christoph Waltz, Gary Oldman, Ben Kingsley, Abbie Cornish, Mandy Patinkin


[PR]
by amore_spacey | 2014-03-15 02:18 | Kevin Spacey | Comments(2)

Django Unchained (ジャンゴ 繋がれざる者)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_1421414.jpg
【あらすじ】 奴隷制度をめぐる対立が色濃くなる1859年のアメリカ南部。ドイツ系賞金稼ぎDr. King Schultz(Christoph Waltz)と出会い、奴隷を繋ぎとめる鎖から解放されたDjango(Jamie Foxx)は、Dr. King とともに南部の指名手配犯を捕まえながら鍛錬を積み、奴隷市場で生き別れとなった妻Broomhilda von Shaft(Kerry Washington)を探している。そのBroomhildaは、Calvin Candie(Leonardo DiCaprio)が営む農園にいた。Calvin は奴隷を鍛えあげ、奴隷同士を闘わせては楽しんでいる。Djangoは妻を救うため、極悪人Calvinに生死を賭けて立ち向かう。本作でChristoph Waltzは、2012年の第85回アカデミー助演男優賞を受賞。


e0059574_1422749.jpg
Quentin Tarantino監督はチャンバラ劇の娯楽映画専門で、特に好きでも嫌いでもないけれど、上から目線&テキトー男なChristoph Waltzが出ていると聞いて、遅ればせながら観てみた。いや、想像以上に派手なチャンバラ劇でした。オドオドしていたDjangoがDr. Schultzのお陰で早撃ちの名人になり、徐々に自信がついて精悍な顔つきに変わっていく、彼の成長ぶりがよかったー。小気味のよいテンポで展開するDjangoとDr. Schultzの掛け合いや、賞金稼ぎには強欲なDr. Schultzが情に厚いという意外性を含め、特に前半が軽快で楽しかった。途中で流れた曲も◎◎◎


e0059574_1423864.jpg
おぉ、Franco Neroがいる!渋い!まだまだいけるじゃないか。のサプライズがあったり、ちらっと登場した監督に、「えっ、別人?太った?」と、そっちに気をとられて、それまでの集中力がぷっつり切れたり、Samuel L. Jacksonってどこに出てるんだ?と思っていたら、ラスト近くになってやっと黒人執事役だったのかと気づいたり(◎∇◎)と、サプライズもてんこ盛り。拳銃ぶっ放しや半端ない流血量や激しい銃撃戦は、Tarantino監督の十八番ですな。壮絶で景気のいいクライマックスに、、気持ちがスカーッとする。あれだけ粉々にセットをぶっ壊すなんて、監督も太っ腹。この手の作品は、さらっと楽しめるかどうか、だけ。モラルやルールや歴史をひっぱり出してきて、ねちっこく語る人は、観ないほうがいいかも?

製作国:U.S.A.
初公開年:2012年
監督:Quentin Tarantino
キャスト:Jamie Foxx, Christoph Waltz, Leonardo DiCaprio, Kerry Washington, Samuel L. Jackson, Walton Goggins, Dennis Christopher, Franco Nero, Quentin Tarantino ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-10-30 01:46 | - Other film | Comments(0)

Prada 2013-14 & Christoph Waltz

e0059574_0215993.jpg
Pradaは2013~2014年秋冬メンズ・コレクションのキャンペーンに、Christoph Waltzを起用した。シミやシワのない綺麗な肌の若造より、酸いも甘いも味わった、ちょっぴりくたびれ気味の熟年男のほうが、Pradaの看板や服に負けないし、男の魅惑もアップ。


e0059574_0221247.jpg
きのうは肝っ玉の小さいダメンズ、今日は上から目線のテキトー男、そして明日は真綿でじわじわ首を絞めてくるネチネチ男。カメレオンなChristophが、大真面目に(と言っても、どこか人を舐めた顔で?)ポーズを決める姿は可愛いもんだな。ちょっとイジりたくなっちゃう。


[PR]
by amore_spacey | 2013-06-25 00:23 | My talk | Comments(0)

Ordinary Decent Criminal (私が愛したギャングスター)

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

e0059574_075018.jpg
【あらすじ】 Michael Lynch(Kevin Spacey)はダブリンで有名な強盗団のボスである。Stevie(Peter Mullan)やTony(David Hayman)らの信頼できる仲間と共に犯罪を繰り返す彼は、金そのものには興味がなく、挑発的な態度で体制や金持ちをからかうのが目的だった。それゆえ街の大衆からは人気があった。犯罪に関しては切れ者のMichaelも、家に帰れば妻Christine(Linda Fiorentino)を愛す良き夫であり、子供たちの良き父親。しかもChristineは自分の妹Lisa(Helen Baxendale)のことも彼の妻だと認めており、Michaelは2軒を行ったり来たり。そんな彼がある時、Caravaggioの絵画『キリストの逮捕』を盗み出す。


e0059574_08248.jpg
100パーセントおバカ映画だけど、Kevin Spaceyがノリノリで可愛いのだー。2つの家族に囲まれて、よき夫&パパぶりを見せてくれる。法廷から出てきたMichael @ケヴィは、下半身丸出しで押しかけたジャーナリストたちをからかう。おしりの間から微妙なものも見えてたけど、あれってケヴィの生尻?それとも別撮りだったのかしら?


e0059574_081680.jpg
マスクやヘルメットや毛糸の帽子や忍者のような被り物や若い頃の山下達郎のようなロンゲのヅラを使って、カメレオンのように七変化して、私たちの目を楽しませてくれる。


e0059574_082957.jpg
こんな可愛い笑顔のケヴィって、そうそう見ない。赤ちゃんの頃の顔にそっくりで萌え~♪ こうしてみるとあの頃は若かったし痩せてたんだなぁ。


e0059574_08497.jpg
強盗団の仲間には寛容で優しいが、少しでも裏切りのかげがちらつけば、容赦なくバッサリ切り落とす。


e0059574_09153.jpg
宿敵Quigley刑事(Stephen Dillane)がケヴィを捕まえようと躍起になればなるほど、ケヴィはするりとそのワナから抜け出て、刑事はいつも地団太を踏まされるばかり。


e0059574_091364.jpg
有り得ないような大胆なシチュエーションで、Caravaggioの絵画『キリストの逮捕』を盗み出す強盗団。このときのケヴィたちの変装も笑える^^


e0059574_092449.jpg
こちらは『キリストの逮捕』の原画。



e0059574_093777.jpg
これはケヴィが妄想した『キリストの逮捕』。この絵を見るたびにこのシーンを思い出して、ププッと笑いを押し殺して肩が震えてしまう。


e0059574_095179.jpg
(⌒▽⌒)アハハ! 上から目線のテキトー男Christoph Waltzが、こんなことになってますよ。胡散臭い絵画の鑑定人という役どころ。ケヴィに撃ち殺されるんじゃないかって、ビビってるとこがメチャクチャ可愛かった。眼鏡もいい感じ。駆け出しの頃は、こんなこともやってたのねぇ。Colin Farrellのチンピラは板に着きすぎてたな(爆)

製作国:UK, Germany, Ireland, USA
初公開年:2000年
監督:Thaddeus O'Sullivan
キャスト:Kevin Spacey, Linda Fiorentino, Peter Mullan, Stephen Dillane, Helen Baxendale, David Hayman, Gerard McSorley, Colin Farrell, Christoph Waltz ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-05-07 00:10 | Kevin Spacey | Comments(0)

Carnage (おとなのけんか)

私のお気に入り度 ★★★★☆(88点)

e0059574_0563717.jpg
【あらすじ】 ニューヨーク、ブルックリン。Zachary Cowan(Elvis Polanski)がEthan Longstreet(Eliot Berger)の顔を棒で殴ったという11歳の子供同士の喧嘩の後、彼らの両親が話し合いのため集まることに。リベラルな知識層であるMichael & Penelope Longstreet夫妻(John C. Reilly & Jodie Foster)は、Alan & Nancy Cowan夫妻(Christoph Waltz & Kate Winslet)を家に招くが、冷静に平和的に始まったはずの話し合いは、次第に強烈なテンションで不協和音を響かせる。やがてお互いの本性がむき出しになっていき、夫婦間の問題までもが露わになっていくのだった。マンションの一室で繰り広げられる舞台劇。


e0059574_0564852.jpg
子どもの喧嘩の始末に双方の親がしゃしゃり出てきために、穏便におさまるものが修羅場と化していく。ちょっとした拍子に、どんどん話がズレていく。言葉尻をとらえて、毒舌の応酬合戦。喧嘩の仕方や合いの手の入れ方に、4人のキャラがきっちり反映されて面白い。


e0059574_0571120.jpg
くすぶっていたものに着火して、とうとう全焼に至る。携帯電話や固定電話のタイミングが絶妙なのです。


e0059574_0572864.jpg
理性的で冷静沈着なChristoph Waltzが、子どものように慌てふためいていじけちゃう。この激しい落差は爆笑ものですぞ(⌒▽⌒)  でも、ハムスターの飼育放棄はダメですよぉ。いやぁ、報復絶頂の傑作でした。『戦場のピアニスト』と同じ監督だったんですね(O_o)

イタリアでリメイクするとしたら、Michael & Penelope夫妻にGiuseppe Battiston & Giovanna Mezzogiorno 、クールなAlan & Nancy夫妻にはFabrizio Bentivoglio & Margherita Buyあたりが適役?修羅場が見ものだわぁ(滝汗)

製作国:France, Germany, Poland, Spain
初公開年:2011年
原作:Yasmina Reza
監督:Roman Polanski
キャスト:Jodie Foster, John C. Reilly, Kate Winslet, Christoph Waltz, Elvis Polanski, Eliot Berger, Patrizia Piccinini, Enrico Salimbeni, Paolo Maria Scalondro ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-05-04 01:06 | - Other film | Comments(2)

Inglourious Basterds (イングロリアス・バスターズ)

私のお気に入り度 ★★★★☆(84点)

e0059574_3122222.jpg
【あらすじ】 1941年、第二次世界大戦中のナチス・ドイツ占領下のフランス。家族を虐殺されたユダヤ人Shosanna(Mélanie Laurent)は、「ユダヤ・ハンター」の異名をとるナチス親衛隊SSのHans Landa大佐(Christoph Waltz)の追跡を逃れる。一方Aldo Raine中尉(Brad Pitt)率いるイングロリアス・バスターズと呼ばれるアメリカの秘密特殊部隊は、次々とナチス兵を血祭りにあげ、Raineの先祖のアパッチ族に倣って頭皮を剥いでいた。4年後。1944年映画館主となったShosannaは、パリでナチス首脳部の集まるドイツ国策映画特集の企画を組み、その裏で復讐の牙を剥く。そしてバスターズもまたその劇場でのテロ作戦を練る。しかしバスターズの作戦の情報を掴み捕らえたLandaは、Raineに密かにある取引を持ちかける。

Hans Landa大佐を演じたChristoph Waltzは、第62回カンヌ国際映画祭&第67回ゴールデングローブ賞&第82回アカデミー賞…などなど、あらゆる映画祭で助演男優賞を受賞。えっ?彼が主演じゃなかったの?^^



e0059574_3124089.jpg
決して忘れてはならない重苦しい歴史を、ここまでおかしくバカバカしく痛快な復讐劇に仕立てられたんじゃ、ケチのつけようがない。お見事。ナチスへの復讐を企むShosannaやテロ作戦を練るRaine中尉に気持ちを重ねながら、「やれ、やれ、やっちまえ~~!!!」と思った人は少なくないはず。郷愁をかき立てるBGMが、これまた泣かせる♪ ちらっと登場するヒステリックで子ども染みたHitler(Martin Wuttke)や、真面目なのかふざけているのかよく分からないEd Fenech将軍(Mike Myers)など、脇役たちのバカバカしさも見逃せない。



e0059574_3125419.jpg
Christoph Waltz扮するLanda大佐はまったく嫌な奴で、相手を油断させながらゆるゆると外堀を埋め、三ノ丸→二ノ丸→本丸→天守閣に迫る話術や、本意がどこにあるのかよく分からない台詞回しは、さすがユダヤ・ハンターと呼ばれるだけのことはある。どこか憎めない阿呆ヅラなのに、時折見せる冷酷で残忍な目や口元がヘビのように粘っこい。こういう輩は、見るからにコワモテな奴らより遥かに始末が悪い。

『耳のないうさぎ』でぬいぐるみまで作ったTil Schweigerが、本作では黙々とナイフを研ぐ硬派な男に変身。殆ど台詞がないまま、スクリーンから突然退場しちゃったのは悲しかったわぁ。こういう男たちの中にあって、麗しいだけでなく聡明な2人の女性は否応なく際立ちますね。凛として男に媚びたりしないMélanie Laurentの、微妙な心の彩を映し出した表情や仕草に惚れた。ワザと?歪ませたブラピの表情が、妙におかしかった。

製作国:U.S.A., Germany
初公開年:2009年
監督:Quentin Tarantino
キャスト:Brad Pitt, Christoph Waltz, Mélanie Laurent, Diane Kruger, Eli Roth, Michael Fassbender, Daniel Brühl, Til Schweiger, Mike Myers, Samuel L. Jackson(Narrator) ...


[PR]
by amore_spacey | 2010-10-15 03:13 | - Other film | Comments(0)