人気ブログランキング |

タグ:Giancarlo Giannini ( 7 ) タグの人気記事

ジェラシー (Dramma della gelosia - tutti i particolari in cronaca)

ネタばれあり!
ジェラシー (Dramma della gelosia - tutti i particolari in cronaca)_e0059574_034444.jpg
【あらすじ】 ローマのある夜、レンガ職人Oreste(Marcello Mastroianni)はビラの屑の中で眠りこけているうちに、美しい娘を腕に抱いていた。彼女は花売り娘のAdelaide(Monica Vitti)で、以前からOresteに秘かな想いを寄せていた。それまでのOresteの人生は無味乾燥なもので、年上女房Antonia(Josefina Serratosa)との間には、愛のかけらもない。Adelaideの出現は、天にも昇る出来事だった。
  しかし間もなく妻に浮気がばれて、AdelaideとAntoniaは壮絶な掴み合いの喧嘩になり、Adelaideは病院に運ばれる。ところが退院祝いに二人で行ったピッツェリアで、ピッツァ職人の一人Nello(Giancarlo Giannini)が、Adelaideに一目惚れしてしまう。1970年のカンヌ映画祭で、Marcello Mastroianniが主演男優賞を受賞。(作品の詳細はこちら) 


ジェラシー (Dramma della gelosia - tutti i particolari in cronaca)_e0059574_0345535.jpg
ジェラシー (Dramma della gelosia - tutti i particolari in cronaca)_e0059574_0354532.jpg
この映画は容疑者Oresteが警察官に連れられて、殺人の現場検証に立会うシーンから始まり、回想形式で殺人に至ったいきさつを語りながら、男女の三角関係を描いている。手っ取り早く言うと、おバカな妄想女に振り回された、これまたおバカな二人の男の悲喜劇という所でしょうか。典型的な艶笑劇ですが、思いがけないラストシーンに、心を持っていかれた。ユーモアや笑いに隠された、人間の儚さや哀しさが身に沁みるのです。

女一人男二人の三角関係にも色々あって、『夕なぎ』や『冒険者たち』では、最終的に男の友情を、本作品は愛する女性のために身を引く姿が描かれている。ラストシーンでは、思わず画面の中に飛び込んでいって、Oresteを抱き締めたくなりました(涙)

ジェラシー (Dramma della gelosia - tutti i particolari in cronaca)_e0059574_0371838.jpg
とにかくOresteを演じたMarcelloが、心憎いばかりに素晴らしかった。若い頃は女をコケにしたチャラい男を演じることが多く、それがまたハマり役で説得力もあった。今回のみすぼらしい身なりのレンガ職人という労働者の彼も、板についた自然な演技で、そればかりか人生詰んだと思っていたのに、Adelaideの登場で、何?このバラ色の展開は?という子どもレベルのはしゃぎっぷりから、ピッツァ職人へのジェラシー(果てはAdelaide本人への愛憎、公衆の面前でなりふりかまわず彼女を罵倒し、往復ビンタを食らわせる)まで、目まぐるしく移り変わって行く男の気持ちを、Oresteとして生きるMarcelloがリアリティある演技で体現してくれました。

ジェラシー (Dramma della gelosia - tutti i particolari in cronaca)_e0059574_0352982.jpg
大好きなイタリア女優の一人Monica Vittiは、クールで乾いた(サバサバ系とは違う、別の惑星で生きているような、ちょっと現実離れした)雰囲気が魅力的で、彼女から目が離せないのです。本人の意図とは無関係に、なぜか恋愛絡みで男から殴られる役が多いのですが、それでも一度好きになった男を易々と諦めない。男にしてみれば、最高に都合のよい可愛い女です。

三角関係になっても、Monicaの乾いたキャラや、二人の男たちの憎めないキャラが幸いして、それほど陰湿な印象を与えない。もしAdelaideを官能の女神Monica Bellucciが演じたら?ヒステリックなGiovanna Mezzogiornoが演じたら?冷静に見えていつもテンパッているMargherita Buyが演じたら?随分違った色合いの作品になったに違いない。

ジェラシー (Dramma della gelosia - tutti i particolari in cronaca)_e0059574_0365949.jpg
ローマが舞台なのに名所旧跡は全く登場せず、ゴミの山や季節はずれの閑散とした海辺でのデートや、レンガがむき出しになったOresteの小汚い家や閉店後の散らかったメルカートがよく出てくる。かと思えば、町の大通りを行き交う車は、どれも小型で可愛らしくおしゃれなんです。Armando Trovajoliの音楽(←音が出ます)が70年代らしいメロディで、懐かしさのあまり胸がきゅんとなりました。


by amore_spacey | 2019-11-26 00:39 | - Italian film | Comments(0)

La cena (星降る夜のリストランテ)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

La cena (星降る夜のリストランテ)_e0059574_21284238.jpg
【あらすじ】  ローマの街角にある小さなリストランテ。病気療養中の夫に代わって女主人Flora(Fanny Ardant)が切り盛りしている。冬の夕暮れ、いつものように店先に明かりが灯り、開店を告げる。ここに来る客たちは十人十色。さっそく常連の老詩人Maestro Pezzullo(Vittorio Gassman)がやってきた。(作品の詳細はこちら


La cena (星降る夜のリストランテ)_e0059574_21285427.jpg
La cena (星降る夜のリストランテ)_e0059574_2129932.jpg
夜のリストランテに集う人々の人間模様を、開店から閉店までの間に起こる、テーブルごとの様々なエピソードと共に描かれたグランド・ホテル方式の会話劇。この店の客層は幅広く、シングルやカップルや友人や家族のほかに、インチキ占い師や不倫カップルなど、様々な客がやってくる。それぞれのテーブルで喋る他愛のない話や痴話喧嘩やホラ話が、途切れることなく流れる。

喋るために生まれてきたイタリア人だから、ごくありふれた話でも、彼らにかかると面白おかしいエピソードに早代わりする。この他愛のない話の積み重ねが人生そのものなのだ。この作品に大きな事件は登場しないが、テーブルごとの話から人々の暮らしを垣間見ることができる。


La cena (星降る夜のリストランテ)_e0059574_21291823.jpg
La cena (星降る夜のリストランテ)_e0059574_21292918.jpg
起承転結のないドタバタコメディを引き締めているのが、濃いキャラクターを演じたGiancarlo Giannini やVittorio GassmanやStefania Sandrelliなど存在感のある役者たちや軟派なカメリエレ、そしてリストランテの女主人を演じるFanny Ardantの泰然自若としたホステス振りに尽きる。客と付かず離れずの絶妙な距離感や、客への暖かい言葉やまなざしなど、Fanny Ardantならではの雰囲気やオーラが、心地よかった。Ettore Scola監督と音楽担当のArmando Trovajoliが、Good job!


by amore_spacey | 2016-04-01 21:29 | - Italian film | Comments(0)

La bella societa'

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

La bella societa\' _e0059574_1242399.jpg
【あらすじ】 1960年代のシチリア。小麦畑が広がるシチリアのある村でGiuseppe(David Coco)とGiorgio(Marco Bocci)の兄弟は、未亡人の母Maria(Mariagrazia Cucinotta)によって育てられた。兄弟は美しい母のことになると、まるで自分たちの恋人のように愛し、男が近づくと嫉妬に狂った。そんなMariaのことを、幼馴染みの友だちNello(Enrico Lo Verso)の父親で薬局を営むAntonio(Giancarlo Giannini)は密やかに恋心を寄せている。ある時ローマからこの島にやってきた映画プロデューサーRomolo(Raul Bova)は、美しいMariaに一目ぼれし恋仲になるが、その後事故に巻き込まれ行方知れずになる。行方不明になった息子(=Romolo)を探しに、父親(Franco Interlenghi)と母親(Antonella Lualdi)は島にやってくるが、見つからない。


La bella societa\' _e0059574_124417.jpg
これだけ豪華キャストが揃ったのに、直球で届くものがなく昼メロ的な甘ったるさだけが残って、もやもや~。たぶん監督は彼の生地シチリアへの故郷愛や、それに支えられて育った兄弟愛を描きたかったのだと思う。ミステリーな要素を盛り込んだストーリーがよかっただけに、キャストの持ち味が充分生かされなかったのが、とても残念。

製作国:Italy
初公開年:2010年
監督:Gian Paolo Cugno
キャスト:Marco Bocci, Simona Borioni, Raoul Bova, David Coco, Enrico Lo Verso, Maria Grazia Cucinotta, Giancarlo Giannini ...


by amore_spacey | 2011-03-14 01:24 | - Italian film | Comments(0)

高校教師 (La prima notte di quiete)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(65点)

高校教師 (La prima notte di quiete)_e0059574_022216.jpg
【あらすじ】 アドリア海に面した北イタリアの小さな田舎町リミニ。高校の臨時教師としてDaniele(Alain Delon)が赴任してくる。賭博場に通い、愛人Monica(Lea Massari)と同棲、授業中に煙草を吸う不良教師Daniele。暗い過去を持つ彼の不敵な態度に、高校の生徒や町の人々は戸惑う。そんな彼の前に現れた一人の美少女Vanina(Sonia Petrova)。2人の出逢い激しい愛へと燃え上がり、やがて悲劇的な結末が訪れる。


高校教師 (La prima notte di quiete)_e0059574_0222541.jpg
暗黒街の黒幕的なAlain Delonが、無精髭を伸ばし着たきり雀のうらぶれた高校教師を演ずるなんて、有り得ない設定だ。名門高校の教師とはまた随分真っ当な仕事をするんだなと思ったら、全くやる気はないし無責任きわまりなくて、笑っちゃった。くわえ煙草で賭博場に通うわ、授業中にも煙草を吸うわ、美しい女生徒に手を出すわ… 自分の要求に素直だけど、社会には大迷惑なヒトです。でも私が男だったら彼女に惚れてたかも。Giancarlo Giannini、若すぎてまるで少年だ。歳を重ねた彼のほうが断然いい。

製作国:Italy, France
初公開年:1972年
監督:Valerio Zurlini
キャスト:Alain Delon, Sonia Petrova, Lea Massari, Giancarlo Giannini, Alida Valli, Renato Salvatore, Adalberto Maria Merli ...


by amore_spacey | 2011-01-20 00:22 | Alain Delon | Comments(2)

イノセント (L'innocente)

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

ネタばれあり。

イノセント (L\'innocente)_e0059574_2135252.jpg
自らは浮気三昧でありながらTullio Hermil伯爵(Giancarlo Giannini)は、妻のGiuliana(Laura Antonelli)には不変の貞淑と情愛を期待する身勝手な男。そんな彼は眩惑的な未亡人の公爵夫人Teresa Raffo(Jennifer O'Neill)に夢中だった。互いの愛は冷めかけていたが、新婚時代の思い出の詰まった別邸を2人で訪れたことで、夫婦の愛を取り戻したかにみえた。

ほどなくしてGiulianaが子どもを宿す。しかし身に覚えのないTullioは、妻と新進作家Filippo d'Arborio(Marc Porel)の密通を確信する。相続人ができたと嬉ぶ母(Rina Morelli)や弟Federico(Didier Haudepin)を傍らに、憎悪&憤りと苦悩を深めるTullioは、生まれてきた不義の子を寒いテラスに置き去りにして死なせてしまう。絶望したGiulianaは全てを捨てて僧院に入り、愛人であったTeresaからは彼への愛は冷めたと告げられる。思いがけない展開にTullioは、自分が全てに敗れたことを悟り、拳銃の引き金を引くのだった。Gabriele D'Annunzioの『罪なき者』を映画化したVisconti監督の遺作。



イノセント (L\'innocente)_e0059574_2142785.jpg
20世紀初頭のイタリア貴族社会とは、こういうものだったのか。豪華絢爛で華麗な世界の裏に、虚飾・衰退・頽廃、放蕩・情欲・裏切りが蠢く。その中で神をも恐れず放蕩と情欲の限りを尽くすTullioが犯した「赤子殺し」は、神から授かった命を殺める=神への冒涜であり、その代償に自らの命を断つという処罰が下されるのだ。人間の良識を信じた監督らしい幕切れを用意したものである。貴族社会の内情を掘り下げて描くということは、監督の身を削るということに等しい。様々な作品の中で貴族社会を描き続けた監督の胸の内には、近い将来衰退し廃れて行くであろうこの世界への哀愁と愛おしさが去来していたのではないか。

原作ではTullioの独白形式で物語が進むため、妻Giulianaの夫への感情や愛人Teresaの存在などは、Tullioの目を通した範囲に留めら輪郭がぼんやりしている。作家Filippoや弟Federicoや母などの脇役にも、殆ど言及していない。しかし映画ではそれぞれの人物描写や心理描写が掘り下げられ、生き生きとして奥行きのあるドラマを創りあげることに成功している。



イノセント (L\'innocente)_e0059574_2145287.jpg
Giancarlo Gianniniが若いっ!30代半ばと言ったところでしょうか?顔が頭が身体のラインがシャープです。『007 カジノ・ロワイヤル』『007 慰めの報酬』を見ると、歳を重ねたGiancarloっていいわぁ。何よりも艶のある声が耳に心地良いのです。あの声で囁かれたら…。でもあんな身勝手な男はご免です。Laura Antonelliもこの時30代半ば、女盛りの官能的な美しさに、同性の私もクラクラしました。愚直なまでに従順な女を、上手に演じてました。彼女は様々な作品でヴィーナスのような美しい肢体を、惜しげもなく見せてくれましたが、1992年の『Malizia 2000』を最後に映画界から引退。その後は麻薬絡みの事件で、変わり果てた彼女の写真が雑誌に載りました。一世を風靡した女優の栄光と衰退は、ファンにとって寂しく残念なことでしょう。

いや、しかし、あの飾りたてた屋敷には参りました。天井からぶら下がるシャンデリア・壁・大きな扉・食器棚・額縁・暖炉・テーブルランプ・ソファー・クッション…に施されたバロック調というのか、ゴテゴテ&キンキラキンの装飾は、悪趣味ですね。花瓶に生けた花なんぞ、クリスマスツリーのように背が高いし、女衆の被り物ときたら、飾り立てたクジャクのようではありませんか。博物館として訪れるには目の保養にもなり、半日貴婦人体験は女心をくすぐって楽しいが、あそこで毎日暮すのは私は無理です。



イノセント (L\'innocente)_e0059574_2151296.jpg
三島由紀夫が生田長江訳の『死の勝利』を下敷きに『岬にての物語』(1946年)を書いたことはよく知られている。三島は池田弘太郎と共訳で『聖セバスチァンの殉教』を美術出版社で出した。これら作品上の関係のみでなく、楯の会の制服や行動にダンヌンツィオの影響を見る者は数多い。特に、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地のバルコニーから三島がおこなったアジ演説は、フィウーメ占拠時のダンヌンツィオが取った行動の拙劣な模倣であるとたびたび指摘されている。1989年に筒井康隆が書いた『ダンヌンツィオに夢中』(中公文庫で再刊)は、これらの指摘に基づいている。(Wikipediaより引用)

製作国:Italy, France
初公開年:1976年
監督:Luchino Visconti
原作:Gabriele D'Annunzio
キャスト:Giancarlo Giannini, Laura Antonelli, Jennifer O'Neill, Rina Morelli, Massimo Girotti, Didier Haudepin, Philippe Hersent ...


by amore_spacey | 2009-09-04 21:09 | - Italian film | Comments(2)

007 慰めの報酬 (007 Quantum of Solace)

ネタばれあり。

私のお気に入り度 ★★★★☆(86点)

007 慰めの報酬 (007 Quantum of Solace)_e0059574_1143847.jpg
愛したVesper(Eva Green)に裏切られたJames Bondは、MとともにMr. Whiteを追求するうちに、その裏に潜む複雑かつ危険な悪の組織の存在を知る。MI6の裏切り者とハイチの銀行口座の関連も判明する。ハイチでBondはCamilleに出会う。彼女もある復讐を胸に抱いていたのだ。彼女を通してBondは謎の組織の幹部Dominic Greeneに接近するが…。


007 慰めの報酬 (007 Quantum of Solace)_e0059574_147479.jpg
Daniel@Bondはさらに冷静&シビアになり、好感度&アドレナリン度は上昇中なのです。優秀な諜報部員には違いありませんが、下らない冗句を言う明るく陽気なプレイボーイではなく、身も心もひりひり傷つき、魂の奥底に絶望の闇を抱えて苦悩する、非常に人間臭い新しいBondなのです。透き通ったブルーの瞳は寂寞と憂いを湛えている。守ってあげたい、寄り添っていたい。しかし彼はそれをも突き放す。孤高の人なのだ。
 
Olga Kurylenkoは、若い頃のCatherine Zeta-Jonesに似ているなぁ。じゃじゃ馬ッ毛の入った美しい容貌に、鍛え抜かれたバネのような肢体。行動力も決断力もある女性、これは21世紀の女性像でしょう。しかし、しかし、Giancarlo Gianniniがあんなにあっけなく死ぬなんて(涙) ゴミ箱に捨てられるなんて(号泣) 一体誰がこんなシナリオを用意した?前作でDaniel@Bondが受けた、全裸の拷問以上の苦しみを味わわせてやるのだわっ、キーッ。



007 慰めの報酬 (007 Quantum of Solace)_e0059574_1151611.jpg
前回のVeneziaに続き今回もイタリアの景色が随所に織り込まれている。冒頭のカーチェイスは、Garda湖畔にて10日間の撮影。このロケは事故続きで、スタントマンの1人は一時危篤状態にまで陥った。幸いにも医療チームと強靭な心身のお陰で、現在は自分で歩くことができるまでに回復したとの情報を得ています。息を呑むような空中チェイスもありました。こりゃ役者やスタントマンはもちろんのこと、ロケ斑も命懸けでしょう。画像はBondのAlfa Romeo 159を眺める野次馬&クルー。



007 慰めの報酬 (007 Quantum of Solace)_e0059574_1153323.jpg
Garda湖畔でのカーチェイスシーンは、全く違和感なくMassaに移る。でもイタリアに暮らす人なら、たぶん殆どの人が「ん?」と思ったはず。MassaのカラビニエリもBondの弾丸の標的になり次々に殉死。



007 慰めの報酬 (007 Quantum of Solace)_e0059574_1155657.jpg
そしてCarraraの大理石採掘場でBondは辛くも逃げ切るが、Alfa Romeo 159は無残な姿に変わり果てるのである。高かっただろーな、Alfa ...



007 慰めの報酬 (007 Quantum of Solace)_e0059574_116163.jpg
場面はSienaの地下水路、そしてSiena旧市街の屋根の上に移る。パリオの祭りで賑わう中、Bondは見えない敵を追って地下水路から屋根伝いに走り、飛び降り、駆け抜ける。そういえば去年の8月Danielは彼女と一緒に、特等席からパリオをご覧になってました。



007 慰めの報酬 (007 Quantum of Solace)_e0059574_1163345.jpg
Maremmaの海のシーン。諜報部員の身分を剥奪されたBondは、援助を請うためMathis(Giancarlo Giannini)を訪ねる。海に臨むあんな豪邸(いや、あれは豪華クルーザーだったか?)に若い子をはべらせて住んでみたいもんだわっ。

製作国:USA
初公開年:2008年
監督:Gavin O'Connor
キャスト:Daniel Craig, Olga Kurylenko, Gemma Arterton, Judi Dench, Mathieu Amalric, Giancarlo Giannini ...
by amore_spacey | 2008-11-10 01:22 | - Other film | Comments(0)

007 カジノ・ロワイヤル (007 Casino Royale)

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

私のお気に入り度 ★★★★☆(84点)

007 カジノ・ロワイヤル (007 Casino Royale)_e0059574_052164.jpg
このシリーズは安心して観ることのできる完全娯楽作品なので、「そりゃないだろ?」と突っ込みを入れつつ毎回楽しんでいる。Chris Cornellの「You Know My Name♪」に乗せて、血を思わせる赤をバックに、ポーカーをイメージしたトランプの絵柄が、花火のようにパッと舞い散るオープニング。サイケなアートが、心憎い。

6代目ボンドはごく普通の登場の仕方だったが、オープニングに続く香港映画ばりのアクションやT-1000ばりの走りや、息を呑むようなシーンが畳み掛けてくる。アフリカのテロリストのバネのあるジャンプ力は、アクションシーンに心地よいリズムを添えて、スクリーンから目が離せない。

地味な顔立ちながら、Daniel Craigが時々見せる笑顔は超可愛い。かと思えば、やけに老けて見えたり無垢な子どもになったり…、色々な表情を持つ不思議な方です。そして普段着からタキシードまで着こなす、労働者階級的なナイス・バディの持ち主。


007 カジノ・ロワイヤル (007 Casino Royale)_e0059574_0524663.jpg
何が色っぽくてセクシーかって、一人膝を抱えてシャワーに打たれるEva Greenの横に座って、そっと彼女の指を舐めるシーン。とても官能的な濡れ場でした。このEva Green、『雨の訪問者』のMarle'ne Jobertの娘なんですね。あのパンダメイクは、誰のアイデアだったの?不評多し。

ボンドは凄まじい拷問を受けても、絶妙のタイミングでにやりと笑わせる台詞をぼそり。まったく爽快です。若いが故のまっすぐな真剣さが裏目に出て、ヘマをやらかす新米ボンドだったが、最初の任務で「自分の愛を殺すこと」を学んだ彼が、今後どんな成長を遂げていくのか、とても楽しみです。


007 カジノ・ロワイヤル (007 Casino Royale)_e0059574_053890.jpgこの作品で注目していたのが、Claudio Santamariaでした。『野良犬たちの掟』のIl Dandiで惹かれた役者。世界最大の飛行機落成式に、ガソリン満タンのタンクローリーを突っ込み、爆破させる使命を受けたGaetano。
8分足らずの滑走路でのタンクローリー運転シーンのために、まずは自分の体力&身体作り。次にピストルの構造や持ち方や射撃のルールを学び、スタントマンの協力を得て、タンクローリーを右に左に煽動しながらの運転技術の習得。2ヶ月が費やされた。

『野良犬たちの掟』を撮影の頃、Claudioはスランプに陥っていたという。役作りに対するある種の直感が、あの時には鈍っていた。役者としての迷いもあった。だから思ったように演じることが出来ず悔いを残した。しかし『007 Casino Royale』のGaetanoを通して、自分の役作りや演技を捉えなおすことができた、と語る。



007 カジノ・ロワイヤル (007 Casino Royale)_e0059574_0534397.jpgGiancarlo Gianniniはイタリア国内だけでなく、国際舞台で活躍している数少ないイタリアのベテラン役者。声優としても定評があり、Al Pacinoは「自分の声はGiancarloにやって欲しい」と自ら指名している。うん、確かに声もいい。



007 カジノ・ロワイヤル (007 Casino Royale)_e0059574_0544024.jpg残念だったのはカジノのシーン。ポーカーのルールを知らないので、出されたカードを見ても?、勝敗が直ぐに分からずジレンマでした。気になって仕方がなかったのは、どの角度からみてもMads Mikkelsenが中井貴一とダブって、極悪人には見えなかったこと( ̄∇ ̄;)



007 カジノ・ロワイヤル (007 Casino Royale)_e0059574_21453645.jpg
北イタリアはコモ湖畔にあるVilla del Balbianello。Ocean's Twelveの舞台にも使われました。次回コモ湖に行ったら、必ずここに立ち寄りたいと思います。

製作国:USA, UK
製作年:2006年
監督:Martin Campbell
キャスト:Daniel Craig, Eva Green, Mads Mikkelsen, Judi Dench, Giancarlo Giannini, Jesper Christensen, Caterina Murino, Claudio Santamaria...
by amore_spacey | 2007-01-07 02:08 | - Other film | Comments(18)