タグ:Maggie Smith ( 5 ) タグの人気記事

ラヴェンダーの咲く庭で (Ladies in Lavender) 

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_0262259.jpg
【あらすじ】 1939年、イギリスはコーンウォール。静かな村にある海岸の屋敷に暮らす老姉妹Janet(Maggie Smith)とUrsula(Judi Dench)は、ある日海岸に打ち上げられた青年を発見した。負傷したAndrea(Daniel Brühl)という名のこのポーランド人を屋敷に運び入れ、医師を呼んで治療・養生・リハビリさせる。そんあ彼には類まれなヴァイオリンの才能があった。こうして彼が老姉妹の家で暮らすようになり、JanetやUrsulaの生活にちょっとした変化が訪れる。(作品の詳細はこちら


e0059574_0263545.jpg
e0059574_0271493.jpg
e0059574_0273869.jpg
今日からDaniel Brühl1人祭りを始めます(*^^*) 若くして夫を亡くした姉Janetと、たぶん1度も結婚しないまま現在に至った妹Ursula。この2人に扮したMaggieとJudiの共演(競演)が素晴らしかった。哀愁に満ちたヴァイオリンの音色も感動もの。音楽は言葉をこえる。姉には長女らしい分別があり、年齢相応のたしなみがあるのに、Andreaが来てから妹は、親愛の情をこえた特別な感情を彼に抱き、恋する乙女になってしまった。愛があれば、歳の差なんて…。何でもアリなご時勢だけど、やっぱりこれはないわァ。小説や映画の世界ならまぁいいが、現実にあったら、正直なところ、嫌だな。

以前も書いたように、Judi Denchの芸域の振り幅の広さには驚く。コワい子だわぁ。M女史から同性愛ものまで、何でもござれ。チワワのような目のMaggie女史は、とってもキュートな2枚目半。あんなおばあちゃまになりたいもんです。


e0059574_0275476.jpg
e0059574_028991.png
さてさて、Andreaだって鈍感じゃない。老姉妹の手厚い看護に深く感謝し、自分を見るUrsulaの特別な気持ちにも気づいている。けれど助けてもらった命を無駄にせず、自分の人生を歩んでいきたい気持ちもある。書置きする時間すらなく、後ろめたい思いを抱えて、姉妹を捨てるようにAndreaは立ち去った。

当時26歳のDaniel Brühlが、まるで少年のようで、Jude Denchでなくても惚れちまいます。看護だって何だってやります、うふふっ。目の覚めるようなイケメンではない。セクシーが売りの役者でもない。むしろ童顔&地味で、ちょっぴり憂いが漂う。不器用でゴツゴツした印象がある。けれど、彼の中から滲み出ている何かに惹かれてしまう。母性本能をそそられるのかしら?そんな彼(実際にはJoshua Bell)が演奏するLadies in Lavender(←音が出ます)を聴いていると、色々な感情が幾重にも折り重なり、苦しくなってきます。


e0059574_0283286.jpg
作品に流れる純粋で淡いトーンを吹っ飛ばしてしまうのが、肝っ玉かあちゃん的な屋敷の家政婦Dorcas(Miriam Margolyes)。Andreaとじゃがいもをむくシーンは愉快。「皮はこっちで、剥いたじゃがいもはあっち!」


e0059574_0284963.jpg
そして、こちら。ロマンチックなムードぶち壊しの、この魚のパイ。何、これ?魚の頭や尾がパイから飛び出ているなんて、ビックリ仰天です。家政婦のDorcasが有り合わせの材料で、適当に作ったパイかと思ったら、Stargazy pieって立派な名前のついた、伝説の惣菜なんですね。


[PR]
by amore_spacey | 2017-09-07 00:30 | - Other film | Comments(0)

Richard III (リチャード3世)

ネタばれあり!

私のお気に入り度 ★★★★☆ (86点)

e0059574_1846495.jpg
【あらすじ】 生まれつきせむしで醜悪な容貌だが、優れた頭脳で政治の実権を握るYork家の三男Richard(Ian McKellen)。彼は暗殺した前国王の息子の未亡人Ann(Kristin Scott Thomas)をうまく抱きこみ、次兄George(Nigel Hawthorne)を暗殺。また病弱な兄王Edward IV(John Wood)を憤死させ、気の強いElizabeth王妃(Annette Bening)の弟Rivers伯(Robert Downey Jr.)ら親族を殺害して妃を孤立させ、王子たちも幽閉し、ついにRichardは国王の座に就くのだった。1930年代の英国に舞台を置き換えて、Shakespeare『Richard III』を映画化。(作品の詳細はこちら


e0059574_18462029.jpg
何と!冒頭から壁をぶち破って、戦車が進撃して来るじゃないか。ものすごい迫力。と言うより、あれれっ?観る作品を間違えたかな?と一瞬思った。例えば『リチャード2世』には、こんな映場版舞台版があるように、Shakespeare劇の現代的演出は、これまで何度も試行されてきた。それによっていつの時代にも様々な形で存在する、血まみれの権力争いや独裁者たちが、いつの間にか視聴者の日常に溶け込み、臨場感あふれるものとなっている。脚本&主役を担当したIan McKellenは、歴史劇におけるこの同時代性を目指したのではないかなと思う。


e0059574_1846357.jpg
e0059574_18465319.jpg
主役級が集合したから当然なんだけど、どの役者もうまい。真面目と不真面目の匙加減にも唸る。振り向いたRichardがいきなり牙を生やしたイノシシになっていたり、何かのパクリのようなRichardの最期のシーンなど、視聴者を嘲笑うかのような演出に、ほっとしたり苦笑したり。

Ianと同じように、『ハウス・オブ・カード 野望の階段』の中でも 主役のKevinが視聴者に向かって独白するシーンがある。主役と同時に語り手・進行役でもあり、それに便乗して辛口ギャグや毒気のあるコメントを挟んでいく。おいしすぎる役です。


e0059574_18471788.jpg
Dominic West1人祭り(たぶんこれ一発で終わり)の一環で観たんだけど、まるで少年のように若くて華奢な彼に、惚れ惚れしました。めっちゃイケメンです。現在の彼も好き、好き、大好き。本作品では、Edward IVの長女 Elizabeth王女(Kate Steavenson-Payne)と結婚するRichmond伯(のちのHenry VII Dominic West)を演じている。


e0059574_18473615.jpg
長い日本の歴史にも、王朝が二分する内乱や権力闘争の時代があり、やりたい放題のオレ様な独裁者たちがいた。中でも南北朝時代から江戸時代初期までの歴史を、現代劇演出したら、面白い作品ができるでしょう。平成の世に、足利尊氏や北条政子や織田信長がやって来た、と想像するだけでも楽しい。誰か脚本を書いてくれないかな。キャスティングは私に任せて下さい。阿部ちゃん・佐藤浩市・中井貴一・堤真一・役所広司・長谷川博己・稲垣吾郎など、ひいきの役者をバンバン投入させて頂きます。えっと、私もエキストラ出演していいですか?


[PR]
by amore_spacey | 2016-02-06 18:48 | - Other film | Comments(0)

Downton Abbey Season6 Christmas Special (ダウントン・アビー シーズン6 最終話)

ネタばれあり!!!

私のお気に入り度 ★★★★☆ (85点)

e0059574_7423585.jpg
【あらすじ】 1925年12月の大晦日。突然産気づいたAnna(Joanne Froggatt)は、夫Bates(Brendan Coyle )との間にできた男子を無事出産。Carson(Jim Carter)は手のふるえ(現在パーキンソン病と呼ばれる)の悪化を憂い、辞職を申し出た。Robert伯爵(Hugh Bonneville)は泣く泣く辞表を受け入れ、アメリカから帰国したThomas(Rob James-Collier)を新執事長に任命する。一方その日の大イヴェントとなるEdith(Laura Carmichael)とBertie侯爵(Harry Hadden-Paton)の結婚式の準備は、順調に進められていった。(作品の詳細はこちら


e0059574_71826.jpg
6年前にスタートしたこのTVドラマが、ついに幕を閉じた。Violet伯爵夫人(Maggie Smith 12月28日に81歳)とCora伯爵夫人(Elizabeth McGovern)の微妙な関係が解消され(男前なVioletが潔く身を引いてくれたお陰)…


e0059574_72542.jpg
特別出演のMrs. Pelham(Patricia Hodge)は、息子の結婚を承諾し(かなり面倒な姑になりそう)…


e0059574_724633.jpg
e0059574_725975.jpg
皆に祝福されて、ようやく2人は結婚に漕ぎつけた。本作品に登場する人々の中でも、とりわけEdithは数奇な人生を歩んできたから、彼女には幸せになって欲しかった。シーズン1の頃に比べると、格段に洗練されて綺麗になったなぁ。ハッピーエンドで本当に嬉しい。でもシリーズが終わってしまった寂しさは否めない。私のささやかな楽しみが1つなくなってしまった(涙)


e0059574_1534141.jpg
Henry(Matthew Goode )と再婚したCrawley家の長女Maryを演じたMichelle Dockery。実生活では婚約者John Dineen(画像左)が、2015年12月13日に34歳という若さで病死。合掌


[PR]
by amore_spacey | 2016-01-02 07:04 | - TV series | Comments(0)

Downton Abbey for text Santa (ダウントン・アビー クリスマス・スペシャル編)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (86点)

e0059574_0373742.jpg
【あらすじ】 Robert Grantham伯爵(Hugh Bonneville)は、自分の力が及ばず、一族が経済的困窮に追い込まれることを危惧していた。そんな中彼は、天使Mary(Joanna Lumley)に会う。彼女は魔法を使って、伯爵がもしこの世に生まれていなかったら、一族はどうなっていたか?を見せてくれた。それを見た伯爵は、自分が今下そうとしている決断は正しいことなのだ、と確信する。


e0059574_0374774.jpg
一応あらすじを書いたけれど、今回はITVのクリスマス・チャリティーのためのスペシャル・エピソードで、映像的に面白いシーンが満載なのです。進行役の天使MaryとRobert Grantham伯爵。


e0059574_038078.jpg
今回はGeorge Clooneyが、結婚式の参列客としてカメオ出演している。


e0059574_0381193.jpg
「Georgeが来てるわよ~!」の声に、みんながどやどやカメラの前に集まってきて、ブサ可愛な顔で集団セルフィー、アハハハッ(爆) 


e0059574_0382991.jpg
Violet Crawley伯爵夫人(Maggie Smith)が、スキー大会で世界新記録を樹立!と新聞の記事に☆ んな訳ないでしょう。


e0059574_0385125.jpg
そのViolet伯爵夫人がGeorgeから手の甲にキスされ、感激のあまり失神して、座っていたソファから床に崩れ落ちる(≧∇≦)


e0059574_0391631.jpg
脚本担当のJulian Fellowesもちらっとカメオ出演。

普段は貴族らしく気品のある振る舞いなのに、この日ばかりは皆さんコミカルで、子どもみたいにはしゃいではじけていました。それにしてもGeorgeって、いつも美味しいトコ取りで役得だな。


[PR]
by amore_spacey | 2014-12-25 00:41 | - TV series | Comments(2)

Downton Abbey (ダウントン・アビー)

ネタばれあり。

私のお気に入り度 ★★★★☆(86点)

e0059574_2571129.jpg
【あらすじ】  ヨークシャー州の広大な敷地にある架空のダウントン・アビーを舞台に、貴族階級のCrawley家とそこで働く執事や召使いたちの暮らしを描く。時は1912年4月15日、豪華客船タイタニック号が沈没したというニュースに、Crawley家は大混乱におちいる。タイタニック号にはCora Crawley伯爵夫人(Elizabeth McGovern)のいとこにあたるJames Crawleyとその息子が乗船。まもなく死亡の悲報が届いた。彼ら2人はCrawley家の遺産相続人だった。そこでマンチェスターに暮らす弁護士でいとこの若き青年Matthew Crawley(Dan Stevens)が、新たな相続人として選ばれる。法的判断とはいえ、こともあろうに相続する意思がこれっぽちもない「手に職を持った(卑しい)」人間に莫大な財産が手渡ることに、Crawley家は戸惑い怯えるのだった。2012年Golden Globeの最優秀TVドラマ賞を受賞。


e0059574_2572459.jpg
主な登場人物。左からアシスタント執事のJohn Bates(Brendan Coyle)&メイドのAnna Smith(Joanne Froggatt)、給仕のThomas Barrow(Rob James-Collier)、新たな遺産相続人になったMatthew Crawley(Dan Stevens)、Violet Crawley伯爵夫人(Maggie Smith)、Robert Crawley伯爵(Hugh Bonneville)&Cora Crawley伯爵夫人(Elizabeth McGovern)、Matthewの母Isobel Crawley(Penelope Wilton)、伯爵夫妻の長女Mary Crawley(Michelle Dockery)、次女Edith Crawley(Laura Carmichael)、三女Sybil Crawley(Jessica Brown Findlay)

脚本が素晴らしい!主役級から脇役や端役に至るまで、一人一人のキャラがはっきり描き分けられている。そして演出・衣装・舞台・役者に至るまで、すべてが素晴らしかった。暗い雰囲気が漂うときにも、ウィットに富んだ辛口のジョークがちりばめられて、何ともお洒落な大人のドラマだ。


e0059574_2592579.jpg
登場した全ての人が好きだが、特に印象に残っているのがViolet Crawley伯爵夫人を演じたMaggie Smith↑↑↑ チワワのような無垢な表情を装いつつ、敵のアキレス腱を狙ってチクリと言い放つ。相手を思いやりながら自分の意見も遠慮なく言う。憎めない可愛らしいおばあちゃまです。本作品で2011年に2度目のEmmy賞助演女優賞を受賞。


e0059574_2594965.jpg
給仕のThomas Barrow。こやつはCora Crawley伯爵夫人専属のメードSarah O'Brien(Siobhan Finneran)とつるんで、休憩時間には裏山にある神社の境内で煙草を吹かしながら、いつも良からぬことを企んでいる狡猾な男。トコトン憎らしいんだけど、間抜けなところが可愛いな。


e0059574_30220.jpg
そしてベスト・カップルのMatthewとMary(*^^*) 紆余曲折あって一時はどーなるんだ、この2人?って心配で夜も眠れなかったけれど、シーズン2終了の現時点では、ハッピーエンドになって本当によかったぁ。Matthewを演じるDan Stevensにメロメロな娘は、結婚して3歳になる娘がいることを知って号泣(T^T) シーズン3は2012年9月からスタート。待ちきれないョ~!

製作国:UK(ITV)
初公開年:2010~2011年(シーズン1&2)
クリエーター:Julian Fellowes
キャスト:Hugh Bonneville, Elizabeth McGovern, Michelle Dockery, Laura Carmichael, Jessica Brown-Findlay, Maggie Smith, Dan Stevens, Penelope Wilton, Jim Carter, Brendan Coyle, Phyllis Logan, Siobhan Finneran, Joanne Froggatt, Rob James-Collier, Lesley Nicol, Sophie McShera ...


[PR]
by amore_spacey | 2012-03-28 03:00 | - TV series | Comments(0)