人気ブログランキング |

タグ:Matthew McConaughey ( 6 ) タグの人気記事

セレニティー 平穏の海 (Serenity)

ネタばれあり!!!

私のお気に入り度 ★★★★☆ (78点)

セレニティー 平穏の海 (Serenity)_e0059574_115858.jpg
【あらすじ】 カリブ海の島で釣り船の船長をして穏やかに暮らすBaker Dill(Matthew McConaughey)の前に、突然美しい元妻Karen(Anne Hathaway)が現れ、暴力的な今の夫Frank(Jason Clarke)を釣りに行くと見せかけ、沖に連れ出して殺して欲しいと依頼された。驚愕の依頼に動揺するBaker、企みの末に巻き起こる衝撃の結末とは?(作品の詳細はこちら


セレニティー 平穏の海 (Serenity)_e0059574_121038.jpg
機内上映その5。MatthewとAnneのピンとこない共演ですが、Matthewがいるので何となく見始めたのですが、あまりにも突飛な結末に、観終わったあと呆気にとられてしまいました。魚釣りに出かける冒頭のシーンに、「Matthewって、やさぐれた漁師も似合うな」と寝ぼけたことを思ったり、眩しい金髪のAnneが殺人依頼をする辺りで、なーんだ、これ、チープなB級サスペンスかと落胆したのですが、「いや、待て。Matthewが出てるんだから、きっと何かあるはず」と。中盤あたりからサスペンス色を帯び始め、と同時に彼らの住む世界が、何だかおかしいことに気づく。それはともかく、Matthewのきゅっと引き締まったお尻やベッドシーン…幾つになっても彼はエロかっこいいです。サービス・シーンもあり、眼福モノでした。

実はこの映画は釣りの話なんかじゃなくて、Patrick少年(Rafael Sayegh)の苦悩や葛藤を描いた、ものすごく切ない物語だったんです。虐待を受けていたPCオタクの少年は、自分が作ったゲームの世界に現実逃避して、そこに登場する主役をJohnと呼んだ。Johnと名づけられたBakerと少年は、父息子という設定になっている。初めは単なる娯楽目的の釣りのゲームだったようだけれど、少年が義父の虐待から逃れるため、Johnに義父を殺してもらうゲームに設定変更したと思われます。どこからがゲームの世界なのか?(最初から最後まで?)BakerがJohnの記憶を持っていたのか、少年とBakerの関係がどうなのはよく分かりませんが、ゲームの世界の父親が現実に生きる息子を救うことに成功したのかなと解釈しています。水中で2人がふっと出会うシーンには、胸が熱くなり、うるうる。

うーん、私の上等でない脳ミソで咀嚼するには、展開があまりにも唐突で分かりにくかった。そういうオチだったんですかぁと、今になって納得するも、説得力が今一つなんです。Bakerにつきまとう釣り具メーカーの営業マンReid Miller(Jeremy Strong)の存在も、未だに謎。何のために登場させたの?未消化の部分があちこちに残っている作品です。


by amore_spacey | 2019-09-09 01:11 | - Other film | Comments(0)

The Wolf of Wall Street (ウルフ・オブ・ウォールストリート)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

The Wolf of Wall Street (ウルフ・オブ・ウォールストリート)_e0059574_533139.jpg
【あらすじ】 実在の株式ブローカー、Jordan Belfort(Leonardo DiCaprio)の栄光と挫折を描く人間ドラマ。20代で証券会社を設立し、億万長者に上り詰めるも、証券詐欺の違法行為で逮捕されるまでの10年間を、Belfort自身がつづった回顧緑をもとに映画化。


The Wolf of Wall Street (ウルフ・オブ・ウォールストリート)_e0059574_5333028.jpg
狂乱と狂騒。金とSEXとドラッグ。Martin Scorsese監督ってこんなぶっ飛んだ映画も作っちゃうんだぁ。アソコの穴にロウソク突き立てたり、タコ踊りしたり、オーバードーズでランボルギーニ運転したり、常にエネルギー200パーセント全開のDiCaprioは、見ていて疲れた。この手の作品、私はダメ。


The Wolf of Wall Street (ウルフ・オブ・ウォールストリート)_e0059574_534869.jpg
あらっ、こんなところにMatthew McConaugheyが・・・。


The Wolf of Wall Street (ウルフ・オブ・ウォールストリート)_e0059574_5342075.jpg
Jean Dujardinは嬉しいサプライズだったな(*^^*)

作品の詳細はこちら


by amore_spacey | 2014-07-14 05:35 | - Other film | Comments(0)

True Detective season 1 8 episodes (トゥルー・ディテクティブ シーズン1 全8話)

私のお気に入り度 ★★★★☆(92点)

True Detective season 1 8 episodes (トゥルー・ディテクティブ シーズン1 全8話)_e0059574_582372.jpg
【あらすじ】 2012年ルイジアナ州で起きている猟奇的殺人事件が、17年前に解決したDora Lange(Amanda Rose Batz)殺人事件の手口に酷似していたため、当時この事件を担当していたルイジアナ警察署のRust Cohle刑事(Matthew McConaughey)とMarty Hart刑事(Woody Harrelson)が呼び出され、Dora Lange事件も再調査の対象となった。個別の取り調べにより、残忍きわまりない事件に関する詳しい情報に加え、刑事の私生活や個人的な情報も聴取された。調査が進行する中で、解決したはずの1995年の奇怪な殺人事件に疑惑を寄せながら、彼らは置き去りにしたはずの過去へと引き戻され、双方に暗闇が存在していることが明らかになっていく。


True Detective season 1 8 episodes (トゥルー・ディテクティブ シーズン1 全8話)_e0059574_585045.jpg
5話・6話・・・とエピソードが進んでいくうちに、ゆっくり味わいたい!でも早く結末を知りたい!この葛藤に悶々。そう言いながら最後の3話は一気に観ちゃったんだけどね。不思議なことに、事件の犯人よりも、2人の刑事のその後のほうが断然気になり始めた。幾重にも包まれたオブラートの1枚1枚を、あるときは注意深くあるときは大胆に剥がしていくような、奥深い構成に唸った。こんな素晴らしいドラマがあるから、観るのをやめられない。


True Detective season 1 8 episodes (トゥルー・ディテクティブ シーズン1 全8話)_e0059574_583689.jpg
『ダラス・バイヤーズ・クラブ』同様、私の目はMatthewにくぎづけ。タイト&ドライで研ぎ澄まされた演技が、麻薬のように私の全身を麻痺させ、ひたひた静かに迫り来るMatthewの魂に、揺るぎない確固たるものを感じた。過去には嫌悪感すら抱いた役者の、この驚愕すべき変身振りは一体何?


True Detective season 1 8 episodes (トゥルー・ディテクティブ シーズン1 全8話)_e0059574_5934.jpg
自分を守るはずの孤独が、皮肉にもいつしか自分自身を傷つけていく。2人がそれぞれに抱えてきた孤独は、その人自身のもので他人は理解し得ない。けれどそれぞれの方法で孤独と向き合い、何かがゆっくり変わりつつあった。そして刑事としてではなく1人の人間として、互いの奥深いところに秘められていたものに触れ、封印していた何かが解けて、2人は前よりほんの少しだけ自由になっていったように思う。シーズン2の更新も決定したが、Matthewは降板。

製作国:USA(HBO)
放映日:2014年1月12日~3月9日全8話
監督:Cary Fukunaga
キャスト:Matthew McConaughey, Woody Harrelson, Michelle Monaghan, Michael Potts, Tory Kittles, J.D. Evermore, Dana Gourrier, Madison Wolfe ...


by amore_spacey | 2014-03-27 05:09 | - TV series | Comments(0)

Dallas Buyers Club (ダラス・バイヤーズ・クラブ)

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

Dallas Buyers Club (ダラス・バイヤーズ・クラブ)_e0059574_4423979.jpg
【あらすじ】  1985年、電気工でロデオカウボーイのRon Woodroof(Matthew McConaughey)は、HIV陽性と診断され余命30日と言い渡される。同性愛者でもないのになぜだ?と周囲に怒りをぶつけるRon。アメリカには認可治療薬が少ないことを知った彼は、代替薬を探すためメキシコへ向かい、本国への密輸を試みる。そして偶然出会った性同一性障害でエイズを患うRayon(Jared Leto)と一緒に、国内未承認の薬を販売する「ダラス・バイヤーズ・クラブ」を設立するが…。1980年代当時無認可だったHIV代替治療薬を密輸販売し、アメリカのHIV患者が特効薬を手にできるよう奔走した、実在のカウボーイの半生を映画化。


Dallas Buyers Club (ダラス・バイヤーズ・クラブ)_e0059574_4425111.jpg
観終わって真っ先に思ったのは、「Matthew、一体どうしたんだ?私生活で何かあったのか?」 デビュー当時、ラブコメ作品のキザで軽薄な役が多かったせいか、とにかく苦手だった。人の心に土足で踏み込んでくるような、無遠慮な視線もたまらなく嫌。2010年Dolce & Gabbanaの香水のCMに起用されたMatthewはちょっと斜に構えて、「オレってイケてんだぜ」なオーラを出しまくり。昔からどーも虫が好かないヤツだったが、このCMが決定打☆ でもなぜか気になるんだ、ああいう鬱陶しいタイプが。


Dallas Buyers Club (ダラス・バイヤーズ・クラブ)_e0059574_443288.jpg
CMの翌年に公開された『キラー・ジョー』のMatthewに、(● _ ●)エッ…?彼の持つオーラや映画&役柄への姿勢が、ガラリと変わっていたのだ。揺るぎない何かがあった。喜怒哀楽の感情を超越したダークで乾いたMatthewに、じわじわ詰め寄られ、圧倒&魅惑された。そして本作品。これで兄さんに惚れちまいました。前置きが長いな(^◇^;)


Dallas Buyers Club (ダラス・バイヤーズ・クラブ)_e0059574_4431333.jpg
役作りのため20キロ以上減量したのは、もちろんスゴイことなんだけど、そこまで彼を突き動かしたものは、何だったんだろう?それを知りたい。


Dallas Buyers Club (ダラス・バイヤーズ・クラブ)_e0059574_4432665.jpg
自分自身のために治療薬の密輸を始めたのがきっかけだった。これがやがてねずみ算式に広がっていく。残された時間はわずか。一刻一秒を争う瀬戸際に立たされ、Ron@Matthewの心は決まった。感傷的になっているひまなんかない。思い立ったら即行動。感情に振り回されず、終始一貫してクールでドライに黙々と行動するのみ。ずんずん前に突き進んでいく。が、ときおり緊張の糸がぷつんと切れる。彼の嗚咽や押し殺した悲しみ・絶望は、彼と一心同体になった私たちの心の中で、ヒリヒリ痛み続けるのだ。JaredやJenniferも好演!

製作国:U.S.A.
初公開年:2013年
監督:Jean-Marc Vallée
キャスト:Matthew McConaughey, Jennifer Garner, Jared Leto, Denis O'Hare, Steve Zahn, Michael O'Neill, Dallas Roberts, Griffin Dunne ...


by amore_spacey | 2014-03-06 04:43 | - Other film | Comments(4)

A time to kill (評決のとき)

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

A time to kill (評決のとき)_e0059574_4183816.jpg
【あらすじ】 ミシシッピー州の田舎町。黒人労働者Carl Lee Hailey(Samuel L. Jackson)の10歳の娘が暴行&レイプされた。怒った娘の父は犯人の白人青年2人を射殺。逮捕されたCarl Leeは知り合いの若手白人弁護士Jake Brigance(Matthew McConaughey)に弁護の依頼をした。裁判は始まったが、裁判長や陪審員はすべて白人で、白人有利の状態だった。相手のベテラン検事Rufus Buckley(Kevin Spacey)も優秀で、勝ち目はほとんどなかった。裁判所の外では白人至上主義者の団体KKKが活動再開し、Jakeの周囲では次々事件が起きた。彼の父が殺され、彼の助手を務める有能な法学生Ellen Roark(Sandra Bullock)も襲われてしまう。


A time to kill (評決のとき)_e0059574_4184871.jpg
この作品には、奴隷制に根ざす黒人差別・KKK団・レイプ・報復殺害・人が人を裁く・正義・陪審員制度と、一朝一夕には解決できない難問題が詰め込まれている。黒人労働者Carl Leeに対する判決が下ることで1つの結果は出るが、それでも何だかスッキリしない。それは人が人を裁くに際し、法の力や理論武装だけでは片付けられない人間の感情が絡み、白黒つけるのが難しいからだ。ものさしできっちり測ることができない、その辺りにもやもやが残る。また世の中には、長い時間培われて出来上がった仕組みというものがある。それを尊重しなければいけないから、小学校の道徳や学級会のように(って乱暴なたとえだけど)、「Aちゃんはクラスで決めたきまりを守りませんでした。反省して下さい」「ごめんなさい。これからは気をつけます」な~んて簡単に片付けられない。

それでは、どうしたらいいのでしょうか?この答えもすぐには出ない。が、まずは映像によって、現状や実態を世に知らしめる、これは大きな影響力があるはず。黒人差別・奴隷問題、と歴史の教科書に太く書かれた字面(じづら)を暗記して、テストの解答欄に書くだけの作業とは違う。百聞は一見にしかず。


A time to kill (評決のとき)_e0059574_419875.jpg
それにしても超豪華キャスト!すごい。しかも主役級の役者が適材適所に配置され、キャスティングもお見事。Matthew McConaugheyもKevinも他のキャストもみんな若い。なのにKevinのデコは既にあんな残念なコトに…(爆) おのれの損得勘定を抜きにして、正義に徹するMatthewが潔く健気でいい。メガネも似合う。彼が法廷で語りかけた台詞は、青臭いと言ってしまえばそれまでだが、しかし心にじわじわ沁みる重みがあった。このシーン(←音が出ます!)は圧巻。本当に重い題材だった。ちゃらちゃらしたラブコメ役者の印象が強かったMatthewを、あらためて見直す作品でもありました。

製作国:U.S.A.
初公開年:1996年
監督:Joel Schumacher
原作:John Grisham
キャスト:Matthew McConaughey, Samuel L. Jackson, Sandra Bullock, Kevin Spacey, Ashley Judd, Donald Sutherland, Chris Cooper
, Oliver Platt, Kiefer Sutherland ...


by amore_spacey | 2013-10-26 04:20 | Kevin Spacey | Comments(2)

Killer Joe (キラー・ジョー)

ネタばれあり?

私のお気に入り度 ★★★☆☆(76点)

Killer Joe (キラー・ジョー)_e0059574_10483.jpg
【あらすじ】 22歳の麻薬ディーラーChris(Emile Hirsch)は、殺し屋Joe(Matthew McConaughey)に母親殺しを依頼した。前金で報酬が払えないChrisに、JoeはChrisの妹Dottie(Juno Temple)と引き換えならばと条件を出す。保険金目当てに母親殺しを計画するブラックコメディー。Tracy Letts作の戯曲「Killer Joe」の映画化。


Killer Joe (キラー・ジョー)_e0059574_11336.jpg
一つ屋根の下で暮らしているが、家庭崩壊しているSmith一家は、棚ぼた的な幸運が舞い込んで来ないか?期待したり、いつも物欲しげな顔をしている。そんな家庭に育った、おつむも意志も弱い上に臆病なChrisに、完全犯罪など到底ムリな話だ。しかし、まさかDottieが、あんなドンデン返しをするなんて…(驚!) 彼女はノーマークだったからね。あ~あ、最後の最後まで救いようのないメチャクチャな家族だ。


Killer Joe (キラー・ジョー)_e0059574_111926.jpg
ラブコメに出ているMatthew McConaugheyしか知らないが、特に理由もなくずっと苦手だった。いやぁ、見直しました。というより、惚れた!殺し屋はハマリ役だ。歳をとったせいか?無駄にぎらぎらしていた部分がなくなったからかな。ハードボイルド系やサスペンスもので、ダークな部分をもっともっと見せて欲しい。

製作国:USA
初公開年:2011年
監督:William Friedkin
キャスト:Matthew McConaughey, Emile Hirsch, Juno Temple, Thomas Haden Church, Gina Gershon ...
by amore_spacey | 2012-11-07 01:14 | - Other film | Comments(0)