人気ブログランキング | 話題のタグを見る

土を喰らう十二ヵ月

土を喰らう十二ヵ月_e0059574_16301382.jpg
【あらすじ】 長野の人里離れた山荘で、作家のツトム(沢田研二)は愛犬の“さんしょ”と暮らす。山で採れた実やキノコ、畑で育てた野菜などを料理して、四季の移り変わりを実感しながら、執筆する日々を過ごしている。そんな彼のもとには時折、担当編集者である歳の離れた恋人・真知子(松たか子)が、東京から訪ねてくる。
 2人にとって、旬の食材を料理して一緒に食べるのは、格別な時間だ。悠々自適な暮らしを送るツトムだったが、13年前に他界した妻の遺骨を、墓に納めることができずにいる。水上勉のエッセイ『土を喰ふ日々 わが精進十二ヶ月』をもとに映画化。(作品の詳細


土を喰らう十二ヵ月_e0059574_16304642.jpg
ジュリーひとり祭り。信州の大自然とそこに暮らす人々の1年が淡々と描かれ、『リトル・フォレスト夏・秋』『リトル・フォレスト冬・春』に流れる空気を感じました。

立春に始まり冬で終わる。雪深い山奥の村では、季節の訪れを一足早く察知する、農耕作業には欠かすことのできない二十四節気が、日々の暮らしを支えている。村人たちは自然とともに暮らしている。人間が慎ましやかに生きる自由や喜びと、来たるべき「死」にどう対応をするかが、きちんと描かれていました。

土を喰らう十二ヵ月_e0059574_16301993.jpg
祖父母の家にあったような、タイル貼りの昭和の台所で、ツトムが料理をする姿や、彼が使う昔ながらの調理道具、包丁や釜やかまどや水が奏でる音、純白の雪や鮮やかな赤紫蘇やランプの灯など、ずっと眺めていたくなる。1人暮らしの母を思い、幼い頃の祖父母の家での暮らしが蘇り、胸がいっぱいになりました。

土を喰らう十二ヵ月_e0059574_16303995.jpg
ツトムを演じたジュリー。彼の京都弁が、ほんまよろしおすなぁ。艶のある声は、今も変わらず。相棒のさんしょ(犬)や山暮らしの事なら何でも知っている大工(日野正平)、頑固な姑(奈良岡朋子)や義弟(尾美としのり)やその妻(西田尚美)、禅寺の和尚の娘(檀ふみ)などが、ドキュメンタリーのような作品に、彩を添えている。

妻の尻に敷かれた夫の役どころは、尾美としのりの定番・鉄板で、彼のきょどったオドオドっ振りには、腹を抱えて笑った。西田尚美とのコンビ、最高!

土を喰らう十二ヵ月_e0059574_16303445.jpg
土を喰らう十二ヵ月_e0059574_16302835.jpg
ゴマの実の収穫の仕方、それどころか植物の胡麻というものを、初めて知りました。ゴマ豆腐、ふっくら炊いた筍、焼き里芋、栗の渋皮煮、60年前の梅干し、タラの芽、山椒入り味噌、茗荷入りごはん、紫蘇ジュース、きゅうりやナスの糠味噌漬け…、作品に出てきた料理を、一通り味わってみたい。料理をもりつけた器も、色や形が実に素晴らしい。土井善晴はん、エエ仕事しはりましたなぁ。


by amore_spacey | 2024-06-16 16:47 | Japanese film | Comments(2)
Commented by petapeta_adeliae at 2024-06-19 12:42
この作品は一昨年の暮れに見ました。
そもそも見たきっかけは映画館に置かれたチラシ。
「料理研究家・土井善晴が映画に挑む」
「土井善晴が料理を手がけた初めての映画」
この2行。
実際見てみると、ツトムの作った料理を犬・猫のように
唸りながら食べている姿に閉口しました。
ツトムときたら「真知子に一緒に暮らさないか」と
聞きますが、10年前?に亡くなった妻の遺骨を
置いたままの部屋で。無神経すぎます。
コンサートでファンに向かって愚痴る、怒鳴ると
話題になったほど。公私が被ってしまいます。

今月初めにBS-TBSで「沢田研二 華麗なる世界 永久保存必至!」はよかったです。

今夜、新幹線大爆破が放送されます。
Commented by amore_spacey at 2024-06-20 00:23
☆ ソーニャさんへ
私はジュリーが目当てで観ました。コンサートをドタキャンしたりコンサート中に気に入らないことがあると、ファンに向かって怒鳴ったり、醜聞にも事欠きませんが、やっぱりデビュー当時の艶やかでのびやかな声を聞くと、何だか許せてしまいます。少し瘦せたような?食べることが大好きな人だから、ダイエットなんてありえないでしょうね。

「沢田研二 華麗なる世界 永久保存必至!」、探してみます!!!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< きっと、星のせいじゃない。(T... 刑事ロク 最後の心理戦 シーズ... >>